Archive

Back to homepage
Column

[コラム] 仕事と息抜きが分離し始めると危険

福島のこととは少し関係なのですが、普段Tweetしている内容を少し膨らませてFukushima Diaryにも書いてみようと思います。 2~3年前、Lifehackerというブログが好きでよく読んでいました。色々な人の小知恵が書いてあって参考になりました。僕のはそこまで賢くないですが、少しでもみなさんの参考になればいいなと思います。 ただ、最近はLifehackerも読者が減少傾向にあるようで、記事数を無理矢理増やすために内容が薄くなっていますね。同じブログをやっている人間として、気持ちは痛いほど分かります。これはBlogosphereにいる人間共通の悩みだと思います。   ところで、よくFukushima Diaryはジャーナリズムにしては偏ってるし、アクティビストにしては甘いなどとよく言われます。これは僕自身がそのどちらでもなく、例えるなら「北斗百裂拳」を主犯に浴びせているつもりでやっているからです。記事の一つ一つが秘孔を突くことを願いながら。 あまりに一日中やっているのでよく心配されます。”たまには息抜きも必要だよ。”と。 でも僕としてはこれは息抜きであり、同時に仕事でもあるのです。もちろん眼精疲労や尻が痛くなったりなど肉体的な疲労はありますが、精神的にはさほど疲れません。「仕事」と「息抜き」が一体になっているのだと思います。 逆に息抜きが必要になった時、それは終わりの始まりだと思います。それほど多くはありませんが、これまで何人かの経営者、アーティスト、ブロガーを見てきました。共通するのは、息抜きを取った後に見られる停滞です。これは息抜きを取ったことによるのではなく、息抜きを必要とするほどその作業に飽きてきた、ということを表していると思います。 人間飽きるのは当然のことなのですが、それは作業に新しいチャレンジを取り込めという知らせであり、息抜きをしたからといって解決するわけではありません。例えば一週間や一ヶ月のバケーションをとったところで、それまでの飽きを忘れるわけはないでしょう。それどころか、息抜きから戻ってくると余計重圧が大きくなります。たまったメール、支払い、ブロガーの場合はトラフィックも下がっていることでしょう。 マラソンと同じで、一度とまってしまうと再びペースを戻すことは大変なのです。 人間は当然息抜き状態の方が好きなので、早くも次の息抜きを考えだしてしまうでしょう。 では休みなく働き続ければいいのでしょうか。そうではありません。有名アーティストでも活動休止の後に素晴らしい作品を出したケースは沢山あります。それらに共通するのは、新しい共演者やテクニック、視点を元の活動にもたらしている点です。これは息抜きではなく、研究期間と呼んでもいいでしょう。 飽きることは成長することともいいます。飽きた=せっかく成長したのに、そこで事業をダメにしてしまってはもったいありません。それまで自分で培ってきたものに、全く新しい要素を加えることでさらにオリジナリティを高める。これこそが理想的な”気分転換”なのだと思います。ただ旅行に行くのではなく、旅先で積極的に色んな人と話をしてみる。ただ映画を見るのではなく、製作の裏側、なぜこのタイミングにこのテーマで出しているのかというマーケティング戦略などを探ってみるのもいいかも知れません。 というわけで、こういうコラムも書いてみました。w でわ。     Iori Mochizuki

Malformation

Massive sweet potato found in Tokushima again, “Bigger than human head”

Unusually large sweet potato was found in Miyoshi city Tokushima. The girth is 70cm / 27.6 inch. The shape is round, bigger than human head. Tokushima newspaper reported it on

Natural disasters

[Express] Continuous underground rumbling heard in Tokyo

Reporting important tweets for simultaneous updates. ウチは世田谷区なんだけど、ずっと地鳴りがなってる。小さい音で常に鳴ってたまに大きく雷みたいに。Twitterで調べたらかなりな範囲でなってるし、、、こわい。 — のんさん (@nonsora) 10月 16, 2012 <Translate> I live in Setagaya ku Tokyo, I’ve been hearing underground rumbling continuously. Mostly it’s in small

Uncategorized

Investigation of the inside of reactor1

Following up this article..Radiation level is higher out of PCV than inside in reactor1, “Is really core inside of PCV ?”           Source     Iori

Domestic and global Environment

[Express] Elementary schools banned students from bringing their water bottles in Tokyo and Miyagi

Reporting tweets as [Express] for more simultaneous updating.   江戸川区の小学校、10月より水筒持参禁止の通達。夏の間は熱中症予防のため限定的に許可しただけだった。署名を集めて提出しても区議会に却下される。もっともっとたくさんの区民が声をあげて行動しなければ江戸川区は給食の検査も行わず、子供はどんどん被爆してしまう。 — Makさん (@bachaterajp) 10月 6, 2012 <Translate> An elementary school in Edogawa ku Tokyo gave out notification to ban students

Spent Fuel Pools

Tepco investigated the inside of SFP3, “Location of refueling machine, state of the fuel are still not known”

On 10/11 and 10/12/2012, Tepco investigated the inside of SFP of reactor3. 35 tones of the refueling machine is presumed to be dropped over the fuel assemblies but they couldn’t

Contaminated water crisis

Highly contaminated water leaked in reactor3 again, Tepco “It was spouting out of the hose”

On 10/15/2012, highly contaminated water was found “leaking out” from accumulated water transferring pipe of reactor3 again. At the next place, another water leakage was found on 8/14/2012. This water

Uncategorized

Osaka city to force all the junior high school students to consume school lunch

Having measured radioactive material in school lunch, Osaka city mayor, Hashimoto is going to start school lunch system at all the 128 public junior high schools in Osaka by next