Cooling system of reactor2 stopped for 5 hours

 

Tepco sent emergency mail to the journalist.
Japanese comedian/journalist Oshidori tweeted the messages.
It tells, Tepco had to stop the water cooling system of SFP at reactor2 because of alarm but they couldn’t detect the troubled place. They ended up restarting it without knowing why it alarmed.

おしどり♀マコリーヌ
@makomelo Source

『【速報】1)(東電からのメール)・昨日(2月18日)午後7時05分に、福島第一原子力発電所2号機の使用済燃料プール代替冷却システムの異常に関する警報(一次系差流量大)が発生し、使用済燃料プール冷却システムのポンプが自動停止した。(続』

<Translate>
2/18/2012 19:05, cooling system of reactor2’s SFP alerted the overflow of primary coolant system and automatically stopped.
<End>

『【速報】2)・その後、現場にて漏えいなどの異常がないことを確認しているが、自動停止時の使用済燃料プールの温度は12.4℃であり、温度上昇率は約0.27℃/時と評価していることから、使用済燃料プールの温度に問題はない。(続』

<Translate>
Tepco confirmed there was no water leakage and the temperature of SFP was 12.4℃, increased at 0.27℃/h. They couldn’t find any problem.
<End>

『【速報】3)・その後、外気温の低下とともに、一次系冷却水温度が低下しており、凍結の恐れがあるため、設備保護の観点から、「一次系差流量大」の警報を除外した上で、同日23時54分に当該システムを再起動した。(続』

<Translate>
Because there was the risk of primary coolant system to be frozen as the temperature went down outside, Tepco lifted the alert and restarted the system at 23:54.
<End>

【速報】4)・なお、起動に当たり、設備の漏えいの有無、パラメータなどを確認した結果、異常は確認しなかったが、引き続き、異常がないことを確認してい く。

<Translate>
Tepco couldn’t find an error of plant parameter data.
<End>

Categories: Spent Fuel Pools

About Author