A member of atomic energy society of Japan found dead on the street

 

Following up this article..City councilor to measure radiation in Mizumoto park the first was found dead

Prof. Ogawa (68) from Risk management department of Chiba institute of science was found dead on the street. A passerby found him and reported.
It was in Chuoku Kobe, 2:55 AM 2/25/2012.

Only administrative autopsy was operated for some reason. As the result, it was death of disease.
He attended at a meeting of National research institute for earth science and disaster prevention.
He specialized in earthquake engineering, belonged to atomic energy society of Japan.

Source

千葉科学大教授が北野の路上で病死 神戸
2012.1.26 02:04
25日午前2時55分ごろ、神戸市中央区北野町の路上で「急病の男性がいる」と通行人(25)から119番があった。生田署員が駆けつけたところ、男性が倒れており、病院に搬送されたが死亡が確認された。

同署によると、男性は千葉科学大(千葉県銚子市)危機管理学部の小川信行教授(68)。行政解剖の結果、死因は病死と判明した。小川教授は独立行政法人「防災科学技術研究所」(三木市)で24日午後に開かれた会合に出席するため23日から同区北野町のホテルに宿泊していた。

同大によると、小川教授は地震工学が専門で、日本原子力学会などに所属しているという。

Categories: Uncategorized

About Author