7.92 mSv/y of external exposure in Koriyama Fukushima based on the data of November

From the data taken in November, it is assumed that a child (under 6) in Koriyama Fukushima may be externally exposed to 7.92 mSv/y. Koriyama Fukushima announced this result on 1/6/2012.

Koriyama Fukushima distributed 16,400 of dosemeters to children under 6 and people who hoped to have one, and collected the data of accumulated dose of November from 15,239 of children and 896 of pregnant women.
As a result, the average external dose of children was 0.11 mSv/m, and the one of pregnant women was 0.10 mSv/m. The highest reading of pregnant women was 0.36 mSv/m.
If it was based on the data of March or April, the result would have been much higher.

(Source)

郡山市の未就学児1人、比較的高い線量測定
読売新聞 1月6日(金)22時53分配信
福島県郡山市は6日、市内の未就学児と妊婦の昨年11月の1か月間の個人積算線量の測定値で、未就学児1人から0・66ミリ・シーベルト、年間換算では7・92ミリ・シーベルトと比較的高い線量が測定されたと発表した。

市では「今のところ健康に影響を与える数値ではないが、今後も調査を継続して対応していきたい」としている。

平均値は未就学児が0・11ミリ・シーベルト、妊婦が0・10ミリ・シーベルトで、妊婦の最高値は0・36ミリ・シーベルトだった。

市は昨年10月末から、保育園や幼稚園、希望者を対象に約1万6400個の線量計を配布。同11月の積算の放射線量を測定してもらい、妊婦896人と未就学児1万5239人から回収した。
最終更新:1月6日(金)22時53分

Categories: Uncategorized

About Author