Fukushima workers started having cancer

In September, Ministry of Health, Labour and Welfare admitted a Fukushima worker applied for workmen’s compensation insurance. It is for gastric cancer, esophageal cancer or colon cancer.

This is the first case of the application of workmen’s compensation insurance.

The occupational disease department of MHLW is concealing the profile and the integral dose of the worker.

Another nuclear worker commented like this below,

「ひょっとして、今回労災申請した人物は知人かもしれません。2カ月ほど前、がんで神奈川県内の病院で手術した同僚がいて、彼は『内部被曝の影響かもしれない』と話していたからです。“カウント・パー・ミニッツ”という内部被曝量を測る単位があり、事故前は800が上限とされていました。それが事故直後、112倍の9万カウントなんて値が出ていた。これは使用済み燃料棒を特殊ケースに搬入する時の値に近い。こんな作業をやらせた揚げ句に、がんが発病したのです。ハッキリとした因果関係は分からないにせよ、“明日は我が身”と思っている作業員は少なくありません」

<Translate>

The person who applied for workmen’s compensation insurance may be my acquaintance. 2 months ago, one of my coworkers had a surgery for cancer in a hospital of Kanagawa prefecture, and he was saying it might be from internal exposure. CPM is the indicator to tell your internal exposure dose.

Before 311, the max was 800 cpm, but just after 311, it jumped up to 90,000 cpm, which is 112 times much as before. This is almost the number of when you put spent fuel rods into the case.

After having us do such tasks, we are starting to have cancers. The causal relationship is not clear, but not few workers think “Tomorrow it might be me.”

<End>

 

今年の9月、厚生労働省は福島原発の作業員から労災申請があったことを認めました。

胃がん又は食道がん、結腸がんのいずれかによる労災申請です。

がんによる初めての労災申請となります。

同省の職業病認定対策室は、この作業員の属性や累積被曝量を公表していません。

別の原発作業員は次のようにコメントしています。

「ひょっとして、今回労災申請した人物は知人かもしれません。2カ月ほど前、がんで神奈川県内の病院で手術した同僚がいて、彼は『内部被曝の影響かもしれ ない』と話していたからです。“カウント・パー・ミニッツ”という内部被曝量を測る単位があり、事故前は800が上限とされていました。それが事故直後、 112倍の9万カウントなんて値が出ていた。これは使用済み燃料棒を特殊ケースに搬入する時の値に近い。こんな作業をやらせた揚げ句に、がんが発病したの です。ハッキリとした因果関係は分からないにせよ、“明日は我が身”と思っている作業員は少なくありません」

 

Source

 

_____

Français :

Les ouvriers de Fukushima commencent à avoir le cancer

En septembre, le ministère de la Santé, du Travail et des Affaires Sociales (le MLHW) a admit qu’un ouvrier de Fukushima avait fait une demande de compensation à son assurance du travail. Ceci concerne un cancer de l’intestin, de l’estomac ou du colon.

C’est le premier cas de demande de compensation à l’assurance du travail.

Le département des maladies professionnelles du MHLW tient secret le profil et la dose totale reçue par l’ouvrier.

Un autre ouvrier du nucléaire en a dit ceci :

「ひょっとして、今回労災申請した人物は知人かもしれません。2カ月ほど前、がんで神奈川県内の病院で手術した同僚がいて、彼は『内部被曝の影響かもしれない』と話していたからです。“カウント・パー・ミニッツ”という内部被曝量を測る単位があり、事故前は800が上限とされていました。それが事故直後、112倍の9万カウントなんて値が出ていた。これは使用済み燃料棒を特殊ケースに搬入する時の値に近い。こんな作業をやらせた揚げ句に、がんが発病したのです。ハッキリとした因果関係は分からないにせよ、“明日は我が身”と思っている作業員は少なくありません」

<Traduction>

La personne qui a fait la demande à l’assurance du travail peut aussi bien être un mai. Il y a 2 mois, un de mes collègues a subi une opération pour son cancer dans un hôpital de la préfecture de Kanagawa et il disait que ça pouvait être du à une exposition interne. Le CPM est l’indicateur donnant votre exposition interne.

Avant le 11-3, le max était de 800 cpm mais juste après le 11-3 c’est brusquement monté jusqu’à 90 000 cpm, soit 112 fois plus qu’avant. C’est presque le chiffre de quand on met les barres de combustible dans leur étui.

Après qu’on nous ait fait faire un tel travail, on commence à attraper des cancers. La relation de cause à effet n’est pas évidente mais rares sont ceux qui ne pensent pas que demain sera sans doute leur tour.

<Fin>

今年の9月、厚生労働省は福島原発の作業員から労災申請があったことを認めました。
胃がん又は食道がん、結腸がんのいずれかによる労災申請です。
がんによる初めての労災申請となります。
同省の職業病認定対策室は、この作業員の属性や累積被曝量を公表していません。
別の原発作業員は次のようにコメントしています。

「ひょっとして、今回労災申請した人物は知人かもしれません。2カ月ほど前、がんで神奈川県内の病院で手術した同僚がいて、彼は『内部被曝の影響かもしれ ない』と話していたからです。“カウント・パー・ミニッツ”という内部被曝量を測る単位があり、事故前は800が上限とされていました。それが事故直後、 112倍の9万カウントなんて値が出ていた。これは使用済み燃料棒を特殊ケースに搬入する時の値に近い。こんな作業をやらせた揚げ句に、がんが発病したの です。ハッキリとした因果関係は分からないにせよ、“明日は我が身”と思っている作業員は少なくありません」

Source