Decontamination researcher (58) died of brain hemorrhage

 

Prof. Yamazaki Hiromichi from Cyclotron and Radioisotope Center, Tohoku University died of brain hemorrhage on 4/8/2012 in his house of Sendai. He was 58 years old.

He was assigned to be the chief of Cyclotron and Radioisotope Center this month.
Since 311, he was researching to decontaminate at kindergarten and elementary school in Fukushima and Miyagi.

山崎浩道氏死去(東北大サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター長)
山崎 浩道氏(やまざき・ひろみち=東北大サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター長)8日午前、脳内出血のため仙台市若林区大和町1の5の31の自宅で死去、58歳。同市出身。葬儀は12日午後1時から、同市青葉区木町通2の2の13の仙台葬儀会館斎苑別館で。喪主は妻美知子(みちこ)さん。
06年4月からラジオアイソトープセンター教授を務め、東京電力福島第1原発事故後は福島、宮城両県内の幼稚園や小学校で除染活動に当たり研究を進めていた。センター長には今月就任したばかりだった。(2012/04/09-21:42)

Source

 

 

 

Categories: Uncategorized