Reactor 2 may be over 90℃

Reactor may be 90℃, not 70℃.

Cold shut down is based on the assumption that the heat gauge has 20℃ of error.
The definition of “cold” shut down is when the bottom of the temperature is below 80℃ because it may be 100℃ taking the error into consideration.

A Japanese independent journalist tweeted like below.

@sayakaiurani
うちゃか。
あれ?2号機95度って聞いてるけど?まだ70とか言ってんの?内部は95で焦ってるよ? Source
<Translate>
What ? I heard that reactor 2 is 95℃. Are they still saying it’s 70℃ ? People inside of Tepco is pressed to say it’s already 95.
<End>

@sayakaiurani
うちゃか。
騙されてるとゆーか、内部の温度計は一部分にだけ設置、かつ性能は普通なため、プラマイ20度の違いはあるわけです。あとは煙の量などから判断するわけですが。今現在は85度以上になっており、煙も多く出ていることからゆうに95度はあると判断しているようです。ただその情報がすぐに国民に Source

@sayakaiuraniうちゃか。
届かないってシステムが問題なんですけどね。でもRT量やQT煽り操作から見たら、やたら現状を公表するのも危ないのかなとか思ったりもします。でも知る権利はありますしね。むずかしいところです。Source

<Translate>

The heat gauge is not enough, and it has error of 20℃, so they assume the temperature from the amount of smoke as well. but the gauge is actually showing over 85℃, and lot of smoke is coming up. They therefore seem to judge it’s over 95℃.

The problem is, the data is not published to the people. However, because a lot of people are wanting to know that, they shouldn’t publish the data maybe. but we have the right to know. It’s difficult.

<End>

Source

毎日新聞 2011年11月9日 21時21分
東京電力は9日、福島第1原発で事故収束への工程表の「ステップ2」終了後、中期的に安全性を確保する計画書を経済産業省原子力安全・保安院に再提出。冷温停止を判断する原子炉圧力容器の温度計は、誤差が約20度あるとの評価結果を盛り込んだ。

政府と東電は、原子炉の安定的な「冷温停止」状態は、圧力容器下部温度が100度以下を条件にしている。東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「温度が80度を下回っていれば、不確かさを考慮しても100度以下を達成していると言える」と述べた。

Categories: Plant hazard

About Author