Fisheries Agency lifted the restriction of bonito fishing only by checking 2 fish

Fisheries Agency allowed them to fish bonito in Fukushima offshore except for 30 km area. The day before they lifted the restriction, they allowed them to fish in 530 km area. Fisheries agency assume they will fish bonito around 250 km area from Fukushima plants and checked the samples on 1/22/2012. However, they only checked 2 samples.

The local prefectural government of the port is supposed to check the samples from Fukushima offshore once a day.

Source

水産庁、福島県沖のカツオ漁にOK

福島原発
福島第一原子力発電所の事故による海洋汚染をめぐり、水産庁は22日、福島県東方沖250キロでカツオ2匹を採取して検査したところ、放射性物質は検出されなかったと発表した。
同庁は同日、同原発から30キロの海域を除き、同県沖でカツオ漁を認めると関連業界団体に通知した。

前日に530キロ以東の漁を解禁したのに続く措置。カツオの漁場ができるのは同県東方沖250キロ前後の海域だと予測されており、同庁は「実際に漁をするのは原発から250キロ程度離れた海域」とみている。

福島県沖で取れたカツオは、水揚げ港で地元の県が週に1度放射性物質をサンプル検査する。

(2011年6月23日00時48分 読売新聞)

Categories: Uncategorized

About Author