Economist has cardiac infarct in his lecture

Economist has cardiac infarct in his lecture

It was about “Economics of nuclear power”.
Emeritus professor of Kyoto University, Ito Mitsuharu fell down in his lecture from cardiac infarct.
It was 15:40 2/15/2012, at the Japan National Press Club.
He lost his words and lost energy when 30 minutes have passed. He was in in cardiac or respiratory arrest but got back pulse and breathing by AED.

Source

<伊東光晴さん>東京で講演中、心筋梗塞起こし倒れる
毎日新聞 2月15日(水)19時41分配信

拡大写真
伊東光晴さん
15日午後3時40分ごろ、東京都千代田区内幸町の日本記者クラブで、経済学者で京都大名誉教授の伊東光晴さん(84)が講演中に突然倒れた。伊東さんは救急車で病院に運ばれ治療を受けている。

同クラブ事務局によると、伊東さんは「原子力発電の経済学」の題で講演。30分ほどして言葉が途切れ、ぐったりした様子になった。一時は心肺停止状態だったが、駆けつけた医師らが自動体外式除細動器(AED)を使って救命処置を行い、脈と呼吸が戻ったという。病院によると心筋梗塞(こうそく)という。【池田知広】

Categories: Uncategorized

About Author