Cesium leakage keeps increasing

Cesium leakage keeps increasing

Following up this article ..Radiation emit has increased since January

Tepco estimated that the cesium emission of January is 70 million Bq/h, but it increased to be 72 million Bq/h even since 1/23, when they made the estimation. The radiation leakage is in the increasing trend.

From 1/22 ~ 1/28, emission of cesium per hour was 72 million Bq/h, Tepco announced. It increased from December by 12 million Bq/h. However, this is only the leakage amount from reactor 1,2 and 3. The leakage data from reactor 4 is not published.
Tepco explains it is because they started woking in reactor 2 and 3, more people walk about so the dust flies into the air. They add, it is really difficult to reduce the emission drastically.

Source

セシウム放出量が増加

2012年1月29日
二十二~二十八日の一週間、福島第一原発では、新たに大気中へ放出される放射性セシウムの量が昨年十二月より増えていることが分かった。東電の推定では、1~3号機からの放出量は合わせて毎時七二〇〇万ベクレルで、昨年十二月より一二〇〇万ベクレル多かった。
2、3号機の原子炉建屋内での作業が増え、床などに積もったセシウムが舞い上がったことが原因という。
これまでセシウムの放出量は順調に減り、現在は事故当初の千百万分の一にまで減少。しかし、東電は「今後は劇的に減らすのは難しい。当面はこの水準が続く」と見込んでいる。
一方、原発前の海底に積もったセシウムなどが舞い上がって海中で拡散しないよう、対策を取ることになった。粘土とセメントを混ぜ、港内の海底を約六十センチの厚さに覆う計画。二月上旬から約三カ月かけて作業する。

About Author