Cesium is biologically concentrated in trees

 

 

It was reported that cesium reaches inside of the trees and get concentrated at the meeting held in Minamisoma.
It was to discuss about the effect of radiation to the forest.

It was held by Soma area forest association on 1/24/2012.
About 100 members attended at it.
Prof.Hayasi Takahisa from Tokyo University of Agriculture introduced his study about exposed trees in Soma shi or Minami soma shi.
His study showed, contamination gets worse near the bottom of the mountains higher than 400m.

He measured radiation level of Japanese cedar or Japanese cypress.
The result showed that the contamination level went up to a few hundreds or thousand Bq/Kg inside of the trees not only the skin. However, it is not cleared the difference of the types of trees yet.

Note:The original article was published by NHK Fukushima but it is already taken down.http://www3.nhk.or.jp/error/error.html

Source

セシウム樹木内部に浸透

東京電力福島第一原発から放出された放射性物質が
森林に及ぼす影響について説明する会合が相馬市で開かれ、
放射性セシウムが樹木の内部にまで浸透していたとする
調査結果などが報告されました。

この会合は林業経営の今後の参考にするため、
相馬地方森林組合が24日に開いたもので、
相馬市などの山林の所有者およそ100人が参加しました。
講師に招かれた東京農業大学の林隆久教授は
相馬市や南相馬市などの山林を調査した結果、
標高4百メートル以上の山のふもとで
放射性物質による汚染が悪化する傾向があると報告しました。

そして、採取したスギやヒノキなどを詳しく調べたところ、
表面の樹皮にとどまらず、
樹木の内部にまで放射性セシウムが浸透し、
濃度は数百から数千ベクレルに達したことなどを説明していました。
参加者からはどのような種類の木が
放射性物質を多く吸収するのかといった質問が寄せられ、
林教授は「樹木の種類による吸収量の違いなどはわかっていません。

サンプルがあれば、測定して結果をお知らせします」などと答えていました。

参加した78歳の男性は
「山林経営を続け、子や孫に継いでもらいたいと考えている。
国や東京電力には山林の除染にも力を入れてもらいたい」と話していました。

 

 

Categories: Uncategorized

About Author