Most of the cattle were already consumed before they were checked

 

 

By 1/25/2012, only 35% of the cattle fed with contaminated hay were checked, the rest of 65% of the cattle are likely to be consumed.

In July of 2011, Ministry of Health, Labour and Welfare decided to trace and check the cattle which were fed with contaminated hay (more than 300Bq/kg) after they were distributed.
It was 4626 cattle, distributed to 15 prefectures. However, by the time of 1/25/2012, about 65 % (2996 cattle) have not been checked yet. Ministry of Health, Labour and Welfare is suspecting they were already consumed by when they decided to trace and check .

Source

汚染疑い牛3千頭流通先不明、検査時既に消費か

東京電力福島第一原子力発電所事故の影響で放射性物質に汚染された稲わらを餌として与えられたことが出荷後に判明し、厚生労働省が検査対象とした15道県の肉牛4626頭のうち、25日までに検査が確認されたのは1630頭(約35%)だったことが、同省への取材でわかった。

残る2996頭は流通先が不明になっている。同省は、検査を決めた時点ですでに消費されていたり、追跡が間に合わなかったりした可能性が高いとみている。

昨年夏に福島県産の牛から放射性セシウムが検出されたのをきっかけに、同省は、国の暫定規制値(1キロ・グラムあたり300ベクレル)を超す放射性セシウムを含んだ稲わらを食べた疑いのある肉牛を検査対象に決めた。汚染の疑いのある牛について同省は個体識別番号を公表し、7月下旬、都道府県に検査するよう文書で要請。販売店や卸売業者からの情報を元に、全国で追跡調査が行われた。

(2012年1月26日03時11分 読売新聞)

Categories: Uncategorized

About Author