Robot destroyed within 2 hours in reactor 2

 

Following up this article..73Sv/h in container vessel

In this level of radiation, even a disaster dealing robot is collapsed within less than 2 hours.
In Fukushima plants, robot called Quince is used, which is developed by Chiba institute of technology and Tohoku university. Assistant professor Mizutani from Tohoku university states,
“The bottle neck to develop a robot for radioactive circumstances is the semiconductor. Semiconductor is extremely sensitive for radiation. Semiconductor parts of robot used in space are shielded by lead, which is against gamma ray, but lead can’t be used for Quince because it kills cavalry.Technical specification requires Quince to stand only over 3Sv/h. In total, it’s just over 100Sv.

With this level of the specification, Quince can’t last longer than 2 hours in reactor2. If it’s 3Sv/h to stand, Quince can’t last longer than 1 hour and 20 minutes.

2号機格納容器内の線量ではロボットですら2時間で破壊されることが分かりました。
現在、福島ではクインスと呼ばれる災害対応ロボットが使われていますが、開発段階で放射線に耐える能力を評価した東北大大学院の水谷圭司准教授はこう言います。
「高放射線下で動くロボットを開発する上で一番の障害になるのはロボットを制御する半導体部分です。半導体は放射線に著しく弱い。放射線が強い宇宙空間で使われる半導体はガンマ線から守るために厚い鉛で遮蔽されていますが、クインスでは機動性が落ちてしまうので鉛が使われていません。
放射線に耐える能力として、技術仕様ではたった毎時3シーベルト以上、累計で100シーベルト(100グレイ)となっています。」

2号機格納容器では73Sv/hが検出されましたが、この技術仕様では2時間ももたないことになります。
仮に技術仕様で求められる3Sv/hぎりぎりだとすると、わずか1時間20分で破壊されてしまいます。

Source

 

 

Categories: Uncategorized