88 km of the great wall is planned to barricade Fukushima contaminated zone

Following up this article..Hirano reconstruction minister suggests to set uninhabited area around Fukushima plants

Japanese government is planning to build 88km of wall to barricade the worst contaminated zone in Fukushima.
Hazard area and planned evacuating zone in 20km area will be mixed and separated into 3 zones,

50~mSv/y zone (You can’t enter.)
20~50mSv/y zone (You can’t live.)
~20mSv/y zone (Advisory evacuating area)

Japanese government is planning to barricade the 50mSv/y zone with the wall for 88km.

Reconstruction ministry talks the wall is planned to run in the middle of a town or a village. Because local governments are against the policy, the negotiation of the government is not going well. Japanese government is planning to define the area by mid May.

The wall is made of steal seemingly, over 2m high and blue. It looks like the panel in a construction area, a construction company talks.
平野復興大臣が福島に無人地帯を作ることを提案したことの他に、福島の汚染地帯を88kmに渡ってバリケード封鎖する計画を復興庁が立てていることが分かりました。
現在、20km圏内に「警戒区域」と「計画的避難区域」が設定されていますが、これを年間50ミリシーベルトを超える『帰宅困難区域』、20~50ミリシーベルトの『居住制限区域』、20ミリシーベルト以下の『避難指示介助準備区域』の3つにわけ、汚染度の最も高い『帰宅困難区域』をバリケードで封鎖するというものです。
これは住民が汚染地帯に侵入しないようにするためですが、一つの町会や集落内をバリケードが引き裂いてしまうケースなどもあるため、復興庁と地方自治体の協議は難航しています。政府としては5月中に封鎖区域を決定したい意向です。
実際にバリケードの写真を見たことがあるという建設業者は、おそらく鉄製、高さ2m以上、青色で建設現場にあるパネルのようだと説明しています。

 

Source

Categories: Uncategorized