Temperature of reactor 2 keeps getting high

 

Since 2/2/2012, temperature of reactor 2 has been in the increasing trend. Tepco announced the reason is not known.

It’s measured by one of the 3 heat gauges in the bottom of the container vessel.

2/2/2012 : 52 ℃
2/5/2012 5:00AM : 67.4℃
2/5/2012 11:00AM : 68.6℃ (+16℃)

Tepco analyzes it’s because the flow of water has changed for some reason, probably the water doesn’t hit the melted fuel anymore.
They decided to increase the amount of water to inject from 8.6 tones / h to 9.6 tones / h.

Source 1 2

福島第1原発事故 2号機原子炉の温度が2日以降、上昇続ける 5日朝時点で67.4度

フジテレビ系(FNN) 2月5日(日)12時47分配信
福島第1原発2号機の原子炉の温度が、2月2日以降、上昇を続けていて、東京電力は5日未明、原子炉への注水量を増やし、温度が低下するか確認することにしている。
2号機の原子炉圧力容器下部の温度は、2月2日におよそ52度だったが、その後、上がり続けていて、5日午前5時の時点で67.4度と、およそ15度上昇している。
これを受けて、東京電力は5日未明、原子炉への注水量を1時間あたり8.6トンから9.6トンに増やし、温度が低下するか監視するとしている。
原因について東京電力は、現時点で明確にはわからないとしているが、「冷温停止状態」の判断には影響はないとしている。
最終更新:2月5日(日)12時47分

Categories: Uncategorized

About Author