Monitoring post manipulated

Mr. Hasegawa, a cattle farmer from Iidate mura states the monitoring post data of Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology is manipulated.
On 2/20/2012, he held a press conference for his publishing the book titled “Having my hometown taken away by the nuclear.” In this conference, he stated ,last November, Taisei corporation, which was outsourced for decontamination by the government, had 10 of their employees wash the monitoring post by high-pressure water and changed the whole soil of the base.

According to MEXT, the radiation level of Iidate mura in 2/20 was 0.755 microSv/h. However, another monitoring post was showing 3 microSv/h.

Additionally, on 3/14, when reactor3 exploded, the dosemeter in town councilor was showing 40 microSv/h, but the staff of town hall told him not to tell it to anyone because the town mayor forbids it.

Assistant professor Imanaka from Kyoto university checked the radiation level around in the town late in March but the town mayor requested him not to disclose it either.

Mr. Hasegawa talks, public bureaucrat from Ministry of Economy, Trade and Industry is following after the town mayor for town hall, press conference and anywhere. Now all the media needs his permission to contact with the town mayor.

Prof.Kodama from Tokyo university became a hero when he had a performance in Lower House session of 7/27/2011. He strongly emphasized the importance of decontamination.
In his moving speech, he recommended a construction company called Takenaka Corporation and radionuclide decontamination company called Chiyoda Technol.
Currently Minami soma city government is outsourcing the decontamination project to private companies. They made the budget of 40 billion yen for 2 years. They are processing the public bidding but those 2 companies (including a group company) that Prof Kodama recommended are dominating 3 of 4 companies which passed the second selection phase.

monitoring post manipulated

Source 1 2 3

 

「飯舘村は原子力ムラのコントロール下に置かれている」――。福島原発事故で高濃度の放射能汚染に見舞われた飯舘村の酪農家、長谷川健一氏(58)が「原発に『ふるさと』を奪われて」(宝島社)を出版。20日、都内で会見を開いた。著書は原発事故直後から現在に至るまでの村の日々をつづったルポだが、驚くのは村民の被曝の影響を無視し、今も汚染の実態をヒタ隠しにし続ける村や国の対応である。

「強制的に下げられた放射線量の数値が全国に公表されている」――。20日の会見で、長谷川氏は、仰天の「放射線量改ざん」疑惑を暴露した。

「昨年11月末ごろ、国の除染モデル事業を請け負った大成建設の作業員とみられる10人ほどが、村のモニタリングポストを高圧洗浄機で洗い、土台の土をソックリ入れ替える作業を行っていた。その様子を複数の村民が目撃していたのです」

文科省が20日夜に公表した飯舘村の放射線量は、毎時0.755マイクロシーベルト。長谷川氏によると、村内に設置された別のモニタリングポストだと、最近も平均毎時3マイクロシーベルトだ。

国は「改ざん」数値を根拠に「飯舘村の線量は下がった」と喧伝したいのだろう。フザけた話だ。

長谷川氏は、国の主導で進む除染事業の効果にも疑問を投げ掛ける。飯舘村の75%は山林だ。しかし、除染の実施範囲は農地や住宅地ばかり。

「どんなに除染しても、山から(放射性物質が)浮遊してくれば意味がない。彼ら(請負業者)にとって、除染はビジネス。線量が下がろうが、下がらなかろうが関係ないのです」

そもそも、飯舘村の放射能汚染への対応は最初からデタラメだった。

長谷川氏の著書によると、3号機が爆発した昨年3月14日当時、役場にあった線量計は「毎時40マイクロシーベルト超」を計測した。平常時の年間許容量(1ミリシーベルト)を1日余りで超える危険水域だ。驚く長谷川氏に、村職員は「この数字、公表しねえでくれよ。(菅野典雄)村長から『絶対人に言うな』と止められている」と“口止め”した。

京大原子炉実験所の今中哲二助教が3月下旬に村内各地で計測した放射線量を菅野村長に伝えた際も「とにかくこのデータは公表しないでほしい」といった問答が、しばらく続いたという。

村にはその後、山下俊一長崎大教授(当時)ら放射線専門家が入れ代わり立ち代わり訪れ、「安全だ」「大丈夫だ」と吹聴し、やがて〈放射能をことさら危険視するほうがおかしいという雰囲気さえ漂い始めた〉。

長谷川氏は、村の復興計画会議の委員に原発推進派の識者が含まれたことを挙げて〈すでに飯舘村は原子力ムラの御用学者たちに牛耳られている〉と強調。20日の会見では、菅野村長を操る黒幕の存在についてこう言及した。

「実は今、菅野村長の行くところすべてに付いて回っている経産省の官僚がいるのです。村役場でも、常に村長のそばにいる。そして、マスコミの取材の際もその彼が出張ってきて、あれこれと指示を出しているんですね。今では彼がマスコミ取材対応の窓口となって取材をさばくようになった」

これでは、村長が村民無視で経産省の操り人形になっていても不思議はない。やっぱり国の放射能対策を信じてはダメだ。

(日刊ゲンダイ2012年2月21日掲載)

Categories: Uncategorized