JP Gov is too slow to govern

Following up this article ..39,960 Bq/Kg from ash in Okinawa Pizza shop

On 2/10/2012, Foresty agency commanded local governments and organizations in food industry not to use ash to remove dirt , made form firewood and coal from 17 prefectures of eastern Japan.
It is because they measured cesium from ash used for a Soba shop in Okinawa. This new restriction contradicts themselves to assert it was not a dangerous level at all.

However, they still allow them to use firewood if it’s kept inside.

Currently, the safety limit of firewood is 40 Bq/Kg, the one of coal is 280 Bq/Kg but there is no safety limit for ash from firewood and coal. Foresty agent talks, they couldn’t expect them to use ash from contaminated firewood and coal.

Source

灰を食品に使わないで 放射性セシウムで林野庁
2012.2.10 22:05
林野庁は10日、東日本の17都県で生産されたまきと木炭を燃やした灰について、製麺や山菜のあく抜きなどの食品加工に使用しないよう、食品業界の団体や都道府県に周知、指導を要請した。沖縄県で7日、製麺に福島県産のまきの灰を使った沖縄そばから、規制値の半分の放射性セシウムが検出されたことを受けた対応。

東京電力福島第1原発事故以前に生産され、風雨にさらされないよう保管されていた場合などは、使用自粛の対象外としている。

林野庁はこれまで、1キログラム当たりの放射性セシウムが、まきは40ベクレル、木炭は280ベクレルを超えたら流通させないよう関係団体に要請していたが「基準を作る上で、灰を食品加工に使用することは想定していなかった」としている。

Categories: Uncategorized

About Author