JP Gov has no technology to decommission a nuclear reactor

 

Japanese government and Tepco have started publicly seeking technology to decommission nuclear reactors such as decontamination of the reactor buildings and remote controlling robot.
They will accept offers until 3/9/2012.
Toshiba, Hitachi GE nuclear energy and Mitsubishi heavy industries are already supported by the government to develop the decommissioning technology, but they are still needing related technology from small and middle sized companies.

Tepco and Japanese government are planning to fix the container vissels by 2014 ~ 2012, and start picking up the melted fuel. However, they have turned out to have no technology to realize the plan.

Source

福島第1原発の廃炉技術公募 政府と東電
2012/2/24 20:58

政府と東京電力は24日、福島第1原子力発電所の原子炉の廃炉へ向け企業からの技術公募を始めた。原子炉建屋内の除染やロボットの遠隔操作などの技術をテーマに同日、官民のワークショップを経済産業省内で開き応募を呼びかけた。3月9日まで受け付ける。

東芝、日立GEニュークリア・エナジー、三菱重工業の3社は既に国の支援を受けて廃炉技術の研究開発を始めている。関連技術を中小企業などからも広く募る。具体的には除染技術や破損した原子炉格納容器の補修、ロボットの遠隔操作などの技術を求めている。

政府と東電が策定した廃炉への中長期の工程表では2014~21年に格納容器を補修し、溶融燃料の取り出しにも着手するとしている。

Categories: Uncategorized