Japanese government is preparing for the rapid increase of sickness from radiation

 
Japanese prime minister, Noda stated he is going to plan to make medical care in Fukushima free to have for children under 18.
This has been requested by Fukushima local government.
It contradicts their view over the Fukushima accident that radiation is not harmful for human health.
It sounds as if potential radiation sickness was possibility.

For the free medical care service, Japanese government is planning to make an interim storage facility in Futaba gun to start by 2015.

It is not announced what kind of medical care is prepared to be served free.

(Source)

福島の子ども医療無料化検討の考え
1月8日 19時35分
野田総理大臣は、訪問先の福島県で記者団に対し、佐藤知事らが求めている、福島県内の18歳以下のすべての子どもの医療費を無料化することについて、検討する考えを示しました。
この中で野田総理大臣は、福島県内の18歳以下のすべての子どもの医療費を無料化することについて、「知事のみならず、何人かの方から協議会の中で指摘をいただいた。大変重要な課題であると受け止め、政府内でしっかり検討していきたい」と述べました。また、双葉郡内への設置を求めている中間貯蔵施設について「改めてお願いさせていただいたが、平成27年の供用開始に向け、細野大臣を中心に関係する県や町村にしっかりと説明をし、理解をいただくようにしていきたい」と述べました。

Categories: Uncategorized

About Author