Possible underwater eruption in Iojima

 

 

 

 


大きな地図で見る

Related to this article..Mt. Fuji is melting its snow

At 15:40 of 4/29/2012, Maritime self-defense force confirmed sea water is changed to be blue at 1.5km north east to Iojima from sky.
At 19:00 of 4/29, Japan Meteorological Agency announced underwater eruption possibly happened offshore of Iojima.
Iojima is located at 230km from the south of Chichi jima, crustal deformation has been observed since 2006. Last month, minor hydrovolcanic explosion happened at the crater located at the west of the island. From 4/27, minor scale of seismic activity has been observed on the island as well.
Additionally, small volcanic tremor was observed at 4:00 of 4/29.

Nobody is living on Iojima apart from the base of Maritime self-defense force and Japan Air self-defense force.

 
硫黄島沖合で海水変色 海底噴火か
4月29日 21時41分

29日午後、小笠原諸島の南にある硫黄島の沖合で海水が変色しているのが確認され、気象庁は「海底噴火が発生した可能性がある」として、周辺の海域などでは火山活動に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、29日午後3時40分ごろ、硫黄島の北東1.5キロの沖合で、海水が青く変色しているのを海上自衛隊が上空から確認しました。
このため気象庁は、29日午後7時すぎ、「硫黄島の北東沖で海底噴火が発生した可能性がある」と発表し、周辺海域を航行する船舶などに今後の火山活動に警戒するよう呼びかけています。
硫黄島は小笠原諸島の父島の南230キロ余りにあって、6年前の平成18年以降、島全体が膨らむ傾向の地殻変動が観測され、先月には島の西部にある火口でごく小規模な水蒸気爆発が発生しました。さらに27日以降、島内で小規模な地震活動が活発化して、これまでより大きな地殻変動が観測され、29日午前4時半ごろからは一時火山性の微動も観測されていました。
硫黄島には現在、海上自衛隊と航空自衛隊の基地がありますが、一般の住民は住んでいません。

Source

 

 

Categories: Natural disasters