JP Gov refused to conduct complete checkup for thyroid exposure

 

Establishment of Nuclear Emergency Response Headquarters refused the offer of Nuclear Safety Commission to conduct complete checkup of thyroid for highly exposed children in Iwaki shi.

Establishment of Nuclear Emergency Response Headquarters conducted simple thyroid test for 1080 children, who were 0~15 years old from 3/26~30. The children were suspected to have been exposed out of 30km area.

One of the children turned out to have been exposed to more than 0.1 microSv, the total dose was 30mSc since 311.
Nuclear Safety Commission requested Establishment of Nuclear Emergency Response Headquarters to give this child a complete checkup but they declined it.
Establishment of Nuclear Emergency Response Headquarters states, “I don’t remember much about it, but looking back now, maybe we should have given a complete checkup.”
Nuclear Safety Commission states, “We didn’t understand their judgement but we didn’t want to violate our responsibility.”

As the reason not to give the complete checkup, they pointed out

1. The test facility is heavy. (1 tone)
2. The child has to take a long way to come.
3. The test may cause the local community an anxiety and discrimination.

Assistant Prof Matsumoto from Tokyo institute of technology says, based on the data, thyroid cancer won’t increase in Fukushima. but if they conducted complete checkup, it would have assured the citizens.

Source

東日本大震災:福島第1原発事故 甲状腺高線量、国が追加検査拒否 昨年4月、安全委の要請に

国の原子力災害対策本部(本部長・野田佳彦首相)が東京電力福島第1原発事故直後に実施した子供の甲状腺の内部被ばく検査で、基準値以下だが線量が高かった子供について内閣府原子力安全委員会からより精密な追加検査を求められながら、「地域社会に不安を与える」などの理由で実施に応じなかったことが分かった。専門家は「甲状腺被ばくの実態解明につながるデータが失われてしまった」と国の対応を問題視している。

対策本部は昨年3月26~30日、福島第1原発から30キロ圏外で被ばく線量が高い可能性のある地域で、0~15歳の子供計1080人に簡易式の検出器を使った甲状腺被ばく検査を実施した。

安全委が設けた精密な追加検査が必要な基準(毎時0・2マイクロシーベルト)を超えた例はなかったが、福島県いわき市の子供1人が毎時0・1マイクロシーベルトと測定され、事故後の甲状腺の積算被ばく線量は30ミリシーベルト台と推定された。対策本部から調査結果を知らされた安全委は同30日、この子供の正確な線量を把握するため、より精密な被ばく量が分かる甲状腺モニターによる測定を求めた。安全委は「ヨウ素は半減期が短く、早期に調べないと事故の実態把握ができなくなるため測定を求めた」と説明する。

しかし、対策本部は4月1日、(1)甲状腺モニターは約1トンと重く移動が困難(2)測定のため子供に遠距離の移動を強いる(3)本人や家族、地域社会に多大な不安といわれなき差別を与える恐れがあるとして追加検査をしないことを決定した。

対策本部被災者生活支援チーム医療班の福島靖正班長は「当時の詳しいやりとりは分からないが、最終的には関係者の合意でやらないことになった。今から考えればやったほうがよかった」と話す。安全委は「対策本部の対応には納得いかなかったが、領分を侵すと思い、これ以上主張しなかった」と説明する。

国際原子力機関(IAEA)は昨年6月、甲状腺の積算被ばく線量が50ミリシーベルト程度の子供でも甲状腺がんのリスクが上昇するとして、甲状腺の発がんを防ぐためのヨウ素剤服用基準を100ミリシーベルトから50ミリシーベルトに引き下げている。30ミリシーベルト台はこれに近い数字だ。

東京工業大の松本義久准教授(放射線生物学)は「データに基づけば、福島で実際に甲状腺がんが増えることはないと思う。しかし当時精密に計測していれば住民の安心につながっていた」と指摘している。【久野華代】

毎日新聞 2012年2月21日 東京夕刊

Categories: Confirmed effects

About Author