Breaking News: Possible rapid increase of temperature at Reactor 2

One of the heat gauges at or near the bottom of the container vessel of reactor 2 measured heat over 100℃.

According to the explanation of Tepco, it’s the gauge of the equipment for moving control rod.
17:00 1/12: 48.4℃
23:00 1/12: 102.3℃
5:00 1/13: 116.4℃

Because the gauge at the bottom of the vessel measures 48℃, Tepco still asserts it’s in the state of cold shutdown. They assert it’s not because the fuel has moved or recriticality happened, only because the gauge was broken.

(Source)

原子炉温度計の数値が上昇 福島2号機、計器不良か

東京電力は13日、福島第1原発2号機の原子炉圧力容器底部近くにある温度計の一つで、数値が上昇し100度を超えたと発表した。付近の温度計は40~50度で安定しているため、計器不良とみている。

東電によると、数値が上がったのは、制御棒を動かすための装置が入った管に取り付けられた温度計。12日午後5時に48・4度だった温度が、同日午後11時に102・3度と急上昇、13日午前5時には116・4度を示した。

冷温停止状態の基準となる圧力容器底部を計測する温度計は48度台で安定。東電は、溶けた燃料が動いたり、再臨界が起きたりした可能性は低いとしている。

2012/01/13 12:35 【共同通信】

Categories: Uncategorized

About Author