Tepco can’t stop the human resource leakage

 

 

By the end of next year, 330 of employees left Tepco, which is 3 times much as before.
About half of them are young employees, who are younger than 29 years old.
The top reasons are

1. Reduced salary
2. Concerns about the future of the company
3. Head hunting.

To pay for the compensation, Tepco has announced they have reduced 25% of the managers’, 20% of normal employees’ salary. They are going to cut off 3,600 employees from Tepco, 7,400 employees from group companies by the end of 2013.
Tepco will not recruit graduates in 2012, and 2013. They have not decided to recruit in 2014 either.
People inside of Tepco are concerned about the internal collapse from the unstoppable human recourse leakage.

Source

東京電力の若手社員が大量退職「内部崩壊しかねない」
2012.1.25 19:30
東京電力福島第1原発事故後、東電の人材流出が深刻化している。昨年末までの退職者は、約330人に達した模様で、事故後は例年の3倍程度のペースで辞めていっているという。優秀な若手が見切りをつけたり、ヘッドハンティングされて転出したりするケースもあるようだ。(夕刊フジ)

退職者の年齢層は29歳以下が約半数を占め、中には昨春採用の新卒者も含まれる。東電では「震災以降、(退職者が)例年の3倍程度のペース」(広報部)と話す。

退職理由については「公開していない」(同)とするが、同社関係者によると、年収のカットや将来への不安、優秀な技術系社員がヘッドハンティングで移っていくケースもあるという。

東電では賠償資金などを捻出するためリストラを徹底させている。管理職で約25%、一般社員で約20%の年収カットを実施し、13年度末までに本社で3600人、グループ全体で約7400人を削減する予定。

定期採用も12年春に続き13年春も見送る方針を決め、14年春の見通しも立っていない。

東電内からは「定期採用が見送られるなか、若手を中心とした計画外の人材流出が続けば、内部崩壊しかねない」(別の関係者)と危ぶむ声も出ている。

Categories: Uncategorized

About Author