Clinician talks, Tepco’s announcement about Yoshida chief is a lie

Following up this article ..Fukushima chief steps down due to illness

 

Dr. Inoue ,the president of Setagaya Inoue clinic talks Tepco’s announcement about former Fukushima plant chief Yoshida is a lie.

Mr.Yoshida resigned to be diagnosed to be esophagus cancer. Tepco explained it can not have anything to do with radiation because esophagus cancer has incubating period for 5~10 years as the opinion of National Institute of Radiological Sciences.

However, “incubating period” is the term for disease caused by bacteria or virus. Professional clinician does not use the term of incubating period for cancer, Dr. Inoue talks.

Source

福島原発前所長のガン発表に疑問の声

2012年01月18日14時00分
「食道ガンは潜伏期間が5~10年だなんて、臨床医ならそんなことは絶対に言いません。“潜伏期間”とは、病原体が感染してから体に症状がでるまでの期間のことで、普通、ウイルスや細菌のことを言うんです。東電は、被曝とは関係ないことを強調したいのでしょうが、あれは物理学をやっていた人のコメントですよ」(世田谷井上病院・井上毅一理事長)

12月9日、東京電力は、福島第一原発で前線指揮を執り続け11月24日に体調不良で退いた吉田昌郎前所長が、食道ガンにかかっていることを公表したが、放射線医学総合研究所の見解として、「被曝による食道ガンの場合、5~10年の潜伏期間を経るため、被曝とは無関係」と発表。同時に、吉田氏の被曝量を70ミリシーベルトとし、緊急作業時の特例被曝量250ミリシーベルトには達しないとした。

あくまで被曝とガンの関係を否定した形だが、冒頭の井上氏のように、東電の発表内容自体を疑問視する声は多い。社会部記者も言う。
「医師の診断をそのまま発表するのではなく、東電の“作文”であることは明らかです。被曝量についても食道以外にガンはないのかについても、本当の病状はあの発表ではわかりません」

ただし、「被爆から食道ガンになったとはあまり考えられない」とも、井上理事長は語る。
食道ガンは強いアルコールやタバコ、熱い物を食べて食道の粘膜を傷つけるとなりやすいという。吉田氏は愛煙家でも知られ、前線指揮を執ってきただけに強いストレスもあった。それが、ガン発症に繋がったとしても不思議ではない。

いずれにしても、吉田氏の生還を祈るばかりだが、東電の発言の曖昧さは相変わらずのようだ。

Categories: Uncategorized

About Author