Drug abuse of Fukushima workers

 

Mr. Suzuki, a Japanese yakuza journalist reported Fukushima workers have been arrested for drug abuse.
He worked at Fukushima plants from July to August to report the connection between Yakuza and nuclear industry.

He talks, though none of the media reports, Fukushima workers have been arrested for drug abuse even after 311. (They were arrested before 311 as well. ) Drug users are easy for managers to control because some works at nuclear plants are very simple and repetitive. Only if they order a drug user to clean, the person keeps cleaning the place.

 

暴力団専門ジャーナリスト、鈴木智彦氏は去年7月から8月まで福島原発で実際に働き、暴力団と原発の関係を内側から見つめ、『ヤクザと原発』(文藝春秋)を執筆しました。
それにかかるインタビューの中で、311以降も原発作業員から覚醒剤が原因で逮捕されているケースのあることを述べました。それ以前から原発敷地内で覚醒剤に使用する注射器などが見つかることもありましたが、福島事故後もそういった問題が顕在化しており、かつ地元のメディアは全く報道しないことが分かりました。
鈴木氏は、薬物中毒になった労働者は工場労働者として非常に使いやすい。薬物の影響で時間が経つのを早く感じるようになり、単純労働にも耐えられるようになる、と述べています。

Source

 

 

Categories: Uncategorized