13 of 21 children had urine test positive

 

A citizen’s group “Association to think about aging Fukushima plants” had 21 children have urine test in Iwate, Miyagi, Fukushima and Chiba, and 13 of them had cesium measured from their urine.

2 of them, who are 4 years old female infant from Iwate and 17 years old male student from Fukushima had cesium decreased to 1/5~2/5 since last urine test in 2011. The group assumes it’s because they tried to avoid contaminated food, but it is not reported if other 11 children didn’t avoid contaminated food.

Source

子ども13人尿に微量セシウム 市民団体、21人調査

東京電力福島第1原発事故の影響を調査している市民団体「福島老朽原発を考える会」は7日、岩手、宮城、福島、千葉県の子ども21人の尿を調べ、13人から微量の放射性セシウムを検出したと発表した。うち昨年にも調査した岩手県一関市の女児(4)と福島市の男子高校生(17)は、濃度が前回の5分の1から5分の2に下がった。

同会は「汚染の心配が少ない食材を選んだことが低下の理由とみられる。継続的な調査が必要だ」としている。

2012/03/07 18:49 【共同通信】

Categories: Uncategorized

About Author