JP Gov distributes money for the local governments to accept radioactive debris

JP Gov distributes money for the local governments to accept radioactive debris

Japanese prime minister Noda talked on Nihon TV, Japanese government is going to pay money for local governments to accept radioactive debris.

Japanese government is going to distribute radioactive debris even to the local governments which don’t even have proper facility to process it, so the government is planning to pay them money to enhance the disposal field.
To reassure the citizens, Japanese government is also planning to pay for the measurement of radiation level of the radioactive debris.

 

On 3/6/2012, Mr. Matsumoto, the city mayor of Omura Nagasaki announced they are going to “consider” accepting radioactive debris. He is also planning to enhance disposal field if they can accept the radioactive debris.
Now it’s likely that North Kyushu area will be contaminated as well.

Source 1 2

野田総理大臣は「日本テレビ」の番組に出演し、東日本大震災で発生したがれきを被災地以外で受け入れる広域処理を進めるため、がれきの受け入れを検討している自治体に対し、国が財政支援を行う考えを明らかにしました。

震災で発生したがれきを巡って、政府は、被災地以外の自治体で受け入れる広域処理を呼びかけていますが、放射性物質に対する不安などから受け入れる自治体が少ないのが実情です。

これについて野田総理大臣は「受け入れてくれる自治体に対する支援をこれからやらなければいけない。その1つは、放射能検査を自治体が行う際に国が支援をすることだ。地域の理解を得るためには、処分場周辺の放射能検査が不安を解消する唯一の方法で、場合によっては、直接国が検査を行うということもやっていきたい」と述べました。

そのうえで野田総理大臣は「被災地のがれきを引き受けるわけだから、処分場の拡充や新たに処分場を建設するということも出てくる。その財政的な負担をこれからは国がしていく」と述べ、がれきの受け入れを検討している自治体に対して国が財政支援を行う考えを明らかにしました。

東日本大震災:大村市、がれき受け入れ検討へ

東日本大震災で復興の妨げとなっているがれきの受け入れについて、長崎県大村市の松本崇市長は6日、「被災地に協力したい。条件が整えば受け入れても良い」と前向きに検討する考えを示した。

この日の定例市議会一般質問に答えた。松本市長は「市民のコンセンサスと、施設整備が条件。更に、県市長会にも検討課題として提起し、長崎全体の問題として知恵を出し合いたい」とも述べた。

松本市長は取材に対し「市民からは反発も予想されるが、今は国難だ。誠心誠意を持って市民に説明していきたい。受け入れる場合、新規の処分場建設も検討したい」と語った。【柳瀬成一郎】

毎日新聞 2012年3月6日 20時42分(最終更新 3月6日 20時50分)

Categories: Uncategorized

About Author