Tokyo marked the largest death number in its history

 
Following up this article ..Crematorium is overbooked in Kanagawa
In the article to say the birth number keeps increasing for 5 years in Tokyo, Yomiuri newspaper also reported that the most people died in 2011 in its history. The reason and any details are not explained.

Number of death

2010 : 98,304
2011 : 104,238 (+5,934)

Death rate

2010 : 0.78 %
2011 : 0.81% (+0.03)

Source

死亡数、初の10万人超
2010年中に都内で生まれた赤ちゃんは10万8135人で5年連続で増加する一方、死亡数は戦後初めて10万人を超えたことが、都が30日発表した人口動態統計で分かった。

数年後には死亡数が出生数を上回るとみられ、都は2020年をピークに都内の人口が減少に転じると予測している。

出生数は前年より1522人増えた。中でも35~39歳の母親の出生数は15年連続の増加。ただ、女性が生涯に産む子供の数を示す「合計特殊出生率」は、前年と同じ1・12(全国平均1・39)で、全国で最も低かった。23区で最高は江戸川区の1・37で、次いで足立区(1・33)、葛飾区(1・28)だった。最低は渋谷区の0・85。市部では羽村市の1・50が最も高く、最低は武蔵野市の0・97だった。

死亡数は前年の9万8304人より5934人増えて10万4238人となった。人口1000人当たりの死亡数を表す死亡率は8・1(全国平均9・5)で前年を0・3ポイント上回った。

(2012年1月31日 読売新聞)

Categories: Uncategorized