Oyster in North Japan grow as double as average

Oyster in North Japan grow as double as average

Kesennuma Miyagi, where got the worst damage of Tsunami in 311, restarted oyster farm but the shells grow unusually fast.
They reopened the farm last June after having the port completely destroyed by Tsunami. The oyster was 1~2cm at the time but they have already grown to be about 10cm, which is as double fast as usual.
At average, it takes 2 years but they are already starting to sell them from 1/19/2012.
Fisher’s experiment station of Kesennuma thinks it might be because the rivals of oyster died or nitrogen nutrition might have flown from ground soil by Tsunami. Nobody has considered the risk of radiation.

Source

 

例年の2倍、カキ成長早まる 出荷開始 気仙沼

 

東日本大震災後、宮城県気仙沼市の沿岸部で、通常よりもカキの成長が早まる現象が起きている。例年の2倍のスピードで大きくなっているといい、一部の漁業者は出荷を始めた。関係者は「津波は水産施設を壊滅させたが、回復のスピードもすごい」と話している。
気仙沼市唐桑町舞根地区で養殖業を営む畠山哲さん(40)は、カキの成長に驚いている。昨年6月ごろ、1、2センチの大きさで仕込んだ稚貝が、既に最大10センチ程度にまで育った。通常の倍のスピードという。
唐桑のカキは通常、穏やかな湾内で2年ほどかけてじっくりと成長させる。畠山さんは来年秋の収穫を予定していたが、予想以上に大きくなったこともあり、19日から加熱用として一部を出荷することにした。
地区では昔から、「津波の後は貝類の成長が早い」と言われていた。畠山さんは「言い伝え通り大きなカキになった。復興の象徴として、多くの人々に食べてもらいたい」と語る。
同市階上地区でも、昨年秋に仕込んだカキが、7、8センチにまで成育している。養殖業の畠山輝夫さん(66)は「震災直後の海の状況を考えれば、ここまでカキが成長するのは驚きだ」と話す。
宮城県気仙沼水産試験場も同様の情報を把握。酒井敬一場長は「養殖業の再開の遅れで、餌を取るライバルが少なく、カキにとって恵まれた生育環境になっていることが大きい。津波で流された土壌の窒素系養分が、海中に多く溶け込んでいる可能性もある」と推測する。
2012年01月20日金曜日

 

Categories: Sea contamination

About Author