Foreign tourist decreased by 2,400,000 in 2011

 

Foreign tourist to Japan decreased by 2,400,000 (-27.8%) in 2011.

2010 : 8,610,000
2011 : 6,219,300

This is the biggest decrease since 1971, the next year when they held the global exhibition in Osaka.
It is because of the earthquake and the Fukushima nuclear accident.

Korean tourist : -32.0%
Chinese tourist : -26.1%
Taiwanese tourist : -21.6%
Hongkong tourist : -28.3%

In total, it decreased by -62.5% in April but it ‘s still -11.7% in November and December.

Source
2011年の来日外国人、一気に240万人減
読売新聞 1月20日(金)19時2分配信
2011年の来日外国人旅行者数(推計)は、過去最高だった前年(約861万人)に比べ27・8%減の621万9300人と大幅に減少した。

独立行政法人・日本政府観光局が20日発表した。減少幅は多くの外国人が来日した大阪万博の翌年にあたる1971年(22・7%)を上回って過去最大となった。

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、各国で日本への旅行を敬遠する動きが広がったのが要因。政府の11年に1100万人という目標を大きく割り込んだ。

国・地域別では韓国が32・0%減、中国が26・1%減、台湾が21・6%減、香港が28・3%減などだった。

また、11年12月は前年同月比11・7%減の57万2300人だった。震災直後の4月に62・5%減まで落ち込んで以降、徐々に回復はしてきているが、欧州危機や円高の影響は払拭されておらず、本格回復には時間がかかりそうだ。
最終更新:1月20日(金)19時2分

Categories: Uncategorized

About Author