12.8 microSv/h from Nikko, a major destination of school trip

They measured higher than 1 microSv/h at 284 of 1070 locations (1cm above from the ground, around street gutter etc..) in Nikko. 158 of 284 locations got decontaminated immediately, but they couldn’t reduce the radiation level at 46 points, where are on asphalt. Nikko city government is going to outsource to take off the asphalt.
On 1/12/2012, at the city council of Nikko, Mr. Yuzawa, the city mayor stated they even found the place to measure 12.8 microSv/h from a gutter of a school. Source
However, Ministry of the Environment asserts they can send students to Nikko for school trip.
In December of last year, they measured 41 points of Nikko (1m above from the ground). The average result was 0.05~0.13 microSv/h around the major sightseeing places. Students are supposed to go to school trip if it’s less than 0.23 microSv/h. Source

1/16/2012, Aioi Toshishige(61), a school president of Seifu junior high school in Izumiotsu Osaka was arrested. He received bribe from a travel agency company for choosing a school trip destination.
In August of 2010, He went to Hawaii with about 10 people from his family members, paying only a part of the cost, and got benefit of around 3.1 million yen from the travel agent. Domoto Takuya (51) from the travel agency company was also arrested. Source

 

日光で高線量スポット確認 除染後は基準値以下に
(2011年9月13日)
【日光】市が今月上旬、小中学校などで放射線量を測定した結果、一施設の雨どい排水口付近の地表面で、毎時12・8マイクロシーベルトを計測したことが、12日の市議会で報告された。ただし、この施設は県の基準による空間放射線量測定(地上50センチまたは1メートル)では、毎時1マイクロシーベルトを超えたことはなく、同一施設でも測定地点により、大きな差が出ていることが分かった。湯沢光明副市長が市議会一般質問で、福田悦子氏(無会派)の質問に答えた。

市は2日から、小中学校など子どもが利用する公共施設で、局所的に高い線量となる「ホットスポット」を把握する調査を開始。線量が高くなりやすい雨どい排水口付近などを重点的に、地表1センチで計測しているという。

9日までに67施設の1070地点で測定した結果、毎時1マイクロシーベルト以上だったのは284地点。このうち158地点は直ちに除染作業を実施した。線量が最も高かった地点でも除染後は、毎時1マイクロシーベルトを下回ったという。

だが、アスファルト部分など46地点は除染しても線量が高いままで、市はアスファルトの表面を引きはがす工事を外部に発注する予定だという。

 

日光の修学旅行「影響ない」 環境省が線量調査
環境省は20日、日光国立公園の戦場ケ原(栃木県日光市)など約40地点で測った放射線量が毎時0.05~0.13マイクロシーベルトだったと発表した。追加被曝(ひばく)量が年間1ミリシーベルト以下となる線量のレベル(毎時0.23マイクロシーベルト)を下回り、「修学旅行生などが公園を訪れても影響はない」としている。

環境省によると、昨年12月、戦場ケ原や湯ノ湖の散策ルート周辺の遊歩道やトイレ、駐車場など10施設・41地点で、地上1メートルの線量を測定した。修学旅行先の線量調査を求める声が出ていることを受けたもの。

 

収賄容疑で元中学校長を逮捕 修学旅行業者選定で便宜

大阪府泉大津市の中学校の修学旅行をめぐり、特定の旅行会社に便宜を図った見返りに私的な旅行代の一部を負担させたなどとして、大阪府警捜査2課は16日、贈収賄の疑いで、市立誠風中の元校長相生年繁容疑者(61)と、大阪市浪速区の旅行会社「南海国際旅行」元社員道本拓也容疑者(51)の2人を逮捕した。

相生容疑者の逮捕容疑は校長だった2010年8月ごろ、修学旅行の業者選定に有利な取り計らいをした謝礼などとして、親族も含めた私的な旅行の航空券を受け取り、その際に一部しか代金を払わず、差額の約310万円相当の利益を得ていた疑い。捜査関係者らによると、旅行は親族ら十数人でハワイに行ったという。

2012/01/16 21:55 【共同通信】

Categories: Uncategorized

About Author