1.4×10^11 Bq/m3 of beta nuclides leaked to domestic sewage system

 

At 8:30 on 3/26/2012, a subcontract worker found water leakage at concentrated water tank area.
It was from the pipe to carry concentrated water from desalination facility to concentrated water tank.

At 8:50, they stopped the pump of the desalination facility so water leakage was stopped.

The leaked water flowed to the sea through the near drainage of domestic sewage system.

It is assumed that the leakage started at 5:00, it was 120 tones in total. At least 80 L has leaked to the sea.

Because the water purifying system can’t filter beta nuclides such as strontium, it contains 1.4×10^11 Bq/m3 of total beta nuclides.

Gamma nuclides leakage

  • Cesium 134  4.1×10^6 Bq/m3
  • Cesium 137  6.3×10^6 Bq/m3
  • Sb 125  8.1×10^7 Bq/m3
↓ The leaked joint part.
1.4×10^11 Bq/m3 of beta nuclides leaked to domestic sewage system
↓ The leaked part from a distance.
1.4×10^11 Bq/m3 of beta nuclides leaked to domestic sewage system 2
↓ Leaked water 1
1.4×10^11 Bq/m3 of beta nuclides leaked to domestic sewage system 3
↓ The leaked water 2
1.4×10^11 Bq/m3 of beta nuclides leaked to domestic sewage system 4

Source 1 2 3 4 5

福島第一原子力発電所の淡水化装置(逆浸透膜式)濃縮水貯槽タンクエリアにおける漏水による放射性物質を含む水の海への流出について
平成24年3月26日
東京電力株式会社
平成24年3月26日午前8時30分頃、福島第一原子力発電所の淡水化装置(逆浸透膜式)の濃縮水貯槽タンクエリアにおいて、淡水化装置から濃縮水を濃縮水貯槽に送る配管(耐圧ホース)より水が漏えいしていることを、協力企業作業員が発見いたしました。
そのため、水の漏えいを停止するため、午前8時50分頃、淡水化装置(逆浸透膜式)の移送ポンプを停止したことから、水の漏えいは停止し、その後、漏えいが確認された配管(耐圧ホース)の前後弁を閉操作しました。
その後、現場を詳細に確認したところ、漏れた水の一部が、付近の一般排水用の排水溝に流れ込んでいることが確認されたため、漏れた水、排水溝内の水および排水溝出口付近の海水について、サンプリングを実施いたしました。
その結果、福島第一原子力発電所1~4号機側放水口から南側に約300m離れた一般排水用の排水溝出口から、放射性物質を含む水が海に流出したものと判断いたしました。
放射性物質を含んだ水を放出したことにつきまして、立地地域の皆さまをはじめ、広く社会の皆さまに大変なご心配とご迷惑をおかけしておりますことに対し、改めて心よりお詫び申し上げます。
なお、現在、淡水化装置(逆浸透膜式および蒸発濃縮装置)は運転を停止しておりますが、淡水化処理した水は十分にあることから、原子炉注水への影響はありません。

 

 

About Author