The city mayor of a hotspot had a sudden death of thoracic aortic aneurysm rhexis

The city mayor of Nasushiobara Tochigi, Mr. Kurikawa Hitoshi (67) died of thoracic aortic aneurysm rhexis on the night of 12/4/2011.

On the last day of his life, he joined mochi tsuki festival of Shiobara Onsen from 1PM. Then he helped street donation charity.

At 6:20PM, he started having agonizing pain while he got a phone call from a city officer. He was having dinner at home.
He was sent to the hospital by ambulance but passed away at 7:59PM.

He was hospitalized for bacterial enteritis for 2 weeks in October too.

Nasushiobara Tochigi is severely contaminated. and Japanese Imperial Prince family had a “summer vacation” there this year.

(Source)

栃木県那須塩原市の栗川仁市長が4日夜、胸部大動脈瘤破裂のため市内の病院で急逝した。

67歳だった。告別式は未定。

栗川氏は同市出身。1983年、旧黒磯市議に初当選し、5期目途中の2003年に同市長に初当選した。05年、同市と旧西那須野町、旧塩原町の合併後の那須塩原市長選で初当選し、2期目だった。

4日は、午後1時から塩原温泉女将もちつき祭に出席し、寒風の中であいさつ。歳末助け合いの街頭募金活動も行っていた。同日午後6時20分頃、自宅で食事中にかかってきた職員からの電話に出ている最中に急に苦しみ出し、救急車で病院に運ばれたが、同7時59分、死亡が確認された。06年12月、直腸がんで入院手術した際、胸腹部に大動脈瘤が見つかったが手術はしていなかった。今年10月、細菌性腸炎で2週間入院した。

栗川氏は、合併による旧市町間の融和に力を注いだ。後援会は10月の拡大役員会で、13年2月の同市長選に3選を目指して出馬するよう要請したが、栗川氏は11月10日に開かれた後援会主催の市政報告会で、「市政運営に批判もいただくが、やることだけはきちんとやる。今後も市民目線で行政を進める」と答え、3選出馬について明言は避けていた。

Categories: Uncategorized

About Author