Japanese scientists are suggesting abandoning contaminated soil into the sea

Government is in charge of decontamination where it’s over 1 mSv/y.

However, their “decontamination” is only to remove the surface of the ground.
Even only from Fukushima, it’s assumed that 15 million ~ 31 million cubic meters of contaminated soil will be produced.

Because they can not stock it on land, Mr. Tanihata Isao from Osaka University and Mr. Nakai Koji from Tokyo University of Science are offering to abandon it into the ocean.

They have already taken it into consideration that Japan is accused by the world but they find it the most realistic solution for some reason.

They are supposed to pack the soil into a shelter, which is protected against corrosion and high water pressure, and leave it in 2000 meters depth of the sea.

(Source)

東京電力福島第一原発の事故で放射能に汚染された土を海に捨てる案が、一部の研究者の間で浮上している。除染のために削り取った土の保管・処分場所を確保することが難しいからだ。世論や国際社会の反発は必至だが、現実的な対応策の一つとして政府への提言を目指す。

除染は、被曝(ひばく)線量が年1ミリシーベルト以上の地域は国の責任で行う。土壌を削り取り、各市町村の仮置き場に保管した後、福島県内につくる中間貯蔵施設に運ぶ方針だ。県内だけで1500万~3100万立方メートルの汚染土が出る見込み。最終処分の方法が決まらなければ恒久的に置かれることになりかねず、用地確保の見通しは立っていない。

こうした現状を踏まえ、文部科学省の土壌汚染マップ作成に携わった大阪大核物理研究センターの谷畑勇夫教授、中井浩二・元東京理科大教授らのグループが3日、大阪大で開かれた研究会で、深海への処分を提案した。海水で腐食せず高い水圧に耐えられる容器に汚染土を入れ、日本近海の水深2千メートル以下に沈める方法が最適とした。

Categories: Uncategorized

About Author