Decontamination by using bacteria failed

 

Tainai city in Niigata [Link] attempted decontamination of compost by using photosynthetic bacteria to sell compost but they announced the attempt failed in city council of 7/12/2012.

They mixed photosynthetic bacteria solution with compost (21~29 Bq/Kg) but it decreased by only up to 32% though they aimed at 100%. The experiment was done with the soil of Fukushima to reduce the cesium concentration but the mechanism is not known.

TV Niigata reported this on 18:58 of 7/12/2012 (JST) but they already removed the article by 7/16/2012.

 

胎内市で製造された堆肥から国の規制値を下回る放射性セシウムが検出された問題で、胎内市は、微生物を使って放射性セシウムの濃度を下げることが可能か調べる実験を行っていたが、12日の市議会で市が目標としていた数値には下がらなかったと報告した。

実験は胎内市が民間の社団法人に委託して行った。「光合成細菌」と呼ばれる微生物が入った溶液を堆肥に混ぜ、放射性セシウムの濃度の変化を調べた。これまで、福島県の土壌などで行われた実験でセシウムの濃度が低くなった事例があるというが、メカニズムは解明されていない。
胎内市は12日、市議会に対し実験の結果を報告した。それによると、1キロあたり21ベクレルから29ベクレルまでの7つのサンプルで実験した結果、17日後に、放射性セシウムの濃度が最大32パーセント低くなったことが確認されたという。しかし、市が目標としていたゼロに近い値にはならなかった。
市は、放射性セシウムの濃度がゼロに近くなった堆肥を販売したい考えだったが、実験結果が目標に達しなかったため、改めて今後の対応を検討する方針だ。
[ 7/12 18:58 テレビ新潟]

 

Source

 

 








3/30から5/5まで、おれ氏はキプロスを調査しておりもす。


オラソダ調査の時に何度も弁護士の口から出てきた国、キプロスで起業→オラソダで支店開設をすれば同じ要領で世界中の国でビザが(σ・∀・)σゲッツ!!出来るのか。理論上では可能ですが、実際に出来るのかは誰か暇な奴が確かめてみないといけません。ということで、世界で幼稚園児の次に暇な男、おれ氏がやってきます。

調査費は自腹で、見積もりを出す以前にキプロスに飛び込んでしまいましたが、未開の地を開拓するサソタ・オレオ号にみなさんのオレオを投資して頂けると嬉しいです。費用は全部で切りのいいところで222.5オレオになる見込みですたい。1オレオ(10$、オレオ数はQuantityで変更可能)〜から、顔本、たそぶらーの専用ページへアクセス出来もふ!

現在の総オレオ/目標オレオ:81/222.5

You can edit Quantity
FacebookのURLかよく使うメアドをお願いします


毎月オレオ(オレアーの扉)
FacebookのリンクかTumblrのURL送付先メアド



Fukushima Diary can accept donation directly at bank.
Le Fukushima Diary peut recevoir des dons directement à sa banque.
Fukushima Diaryは銀行口座でも直接寄付を受けられます。
情報は以下のとおりです。

BANK : PIRAEUS BANK ROMANIA

USD
IBAN : RO37PIRB4203739401003000

EURO
IBAN : RO71PIRB4203739401002000

SWIFT : PIRBROBU
Beneficiary : FUKUSHIMA DIARY SRL (NOT Iori Mochizuki)
Bénéficiaire : FUKUSHIMA DIARY SRL (PAS Iori Mochizuki)
 

Thank you for your donation. Fukushima Diary genuinely runs on your support.
Merci pour vos dons. Le Fukushima Diary tourne fondamentalement par votre aide.
支援ありがとうございます。Fukushima Diaryは100%寄付で運営されています。
Donation

Recurring Donations. Monthly donation is very helpful.
Dons réguliers. Les dons mensuels aident beaucoup.
毎月引き落とし。とても助かるし応援されてる感じがします。
Monthly donation



Fukushima Diary can accept donation directly at PoBox too. You don't need to write the receiver's name (Only the address below is needed) but you can write it as Mochizuki Iori or Fukushima Diary SRL as well.

Le Fukushima Diary accèpte aussi les dons directement à sa boîte postale. Il est inutile de mettre un destinataire (l'adresse ci-dessous donnée seule suffit) mais vous pouvez l'adresser aussi bien à Iori Mochizuki ou à la Fukushima Diary SRL.

Fukushima Diaryは私書箱でも直接寄付などの郵便を受けられるようになりました。下記の住所が記載されていれば受取人の名前を書く必要はありませんが、Mochizuki Iori または Fukushima Diary SRLというように書いても問題ありません。

情報は以下のとおりです。

OFICIUL POSTAL BUCURESTI 22 ROMANIA CASUTA POSTALA 110
 

Both comments and pings are currently closed.

5 Responses to “Decontamination by using bacteria failed”

  1. anonymous says:

    In scientific research, failures are progress. I hope they will continue researching. Chernobyl and TEPCO are only the beginning. With China, Korea and India seduced into bed with the nuclear satan, there will only be more nuclear genocide in mankind’s future.

  2. Miauw says:

    They must try the bacteria out of cow stomics,in an closed place.together with methane.some radiation you never get wiped out,but cows keep on eating the same shit.

  3. Pia says:

    Why futz around with more research when Chernobyl provides us with wealth of data?!

  4. jec says:

    Sure hope this is not CREATED bacteria! remember the “black” algea which accumlated radioactivity. Would be terrible to do to Japan what has happend in the Gulf of Mexico with man-made oil eating bacteria…vibro types make very nasty illness in many people.

  5. Mimi Mato says:

    FUKUSHIMA DIARY FR – La décontamination par les bactéries est un échec.
    Par Mochizuki, le 16 juillet 2012.

    La ville de Tainai, préfecture de Niigata [http://megalodon.jp/2012-0713-0423-14/news24.jp/nnn/news8823284.html], a essayé de décontaminer du compost en utilisant une bactérie photosynthétique (à chlorophylle) pour le vendre mais ils ont annoncé en conseil municipal le 12 juillet que leur tentative a échoué.

    Ils avaient mélangé une solution de bactéries photosynthétiques dans du compost (à entre 21 et 29 Bq/Kg) mais la réduction n’a été que de 33% où ils espéraient 100%. L’expérience a été menée sur du sol de Fukushima pour en réduire la concentration en césium mais le mécanisme n’en est pas connu.

    Niigata TV l’a rapporté le 12 juillet à 18:58 (JST) mais ils ont déjà retiré l’article ce 16 juillet 2012.

    胎内市で製造された堆肥から国の規制値を下回る放射性セシウムが検出された問題で、胎内市は、微生物を使って放射性セシウムの濃度を下げることが可能か調べる実験を行っていたが、12日の市議会で市が目標としていた数値には下がらなかったと報告した。

    実験は胎内市が民間の社団法人に委託して行った。「光合成細菌」と呼ばれる微生物が入った溶液を堆肥に混ぜ、放射性セシウムの濃度の変化を調べた。これまで、福島県の土壌などで行われた実験でセシウムの濃度が低くなった事例があるというが、メカニズムは解明されていない。
    胎内市は12日、市議会に対し実験の結果を報告した。それによると、1キロあたり21ベクレルから29ベクレルまでの7つのサンプルで実験した結果、17日後に、放射性セシウムの濃度が最大32パーセント低くなったことが確認されたという。しかし、市が目標としていたゼロに近い値にはならなかった。
    市は、放射性セシウムの濃度がゼロに近くなった堆肥を販売したい考えだったが、実験結果が目標に達しなかったため、改めて今後の対応を検討する方針だ。
    [ 7/12 18:58 テレビ新潟]

    Source : http://megalodon.jp/2012-0713-0423-14/news24.jp/nnn/news8823284.html

Powered by WordPress | Designed by: penny auctions | Thanks to credit repair, seo services and st louis seo