Nitrogen injection stopped again

Tepco sent another emergency email to the journalists at 04:18:37JST 4/13/2012.

件名: 【東京電力からのご連絡】福島第一原子力発電所窒素封入装置の停止と復旧について
差出人: @tepco.co.jp
日時: 2012年04月13日 04:18:37JST
宛先: @tepco.co.jp

────────────────────────────────────
東京電力からのご連絡
────────────────────────────────────
報道関係各位

・本メールは、事前に「深夜・早朝における連絡先」の登録のお申し込みをいただ
いた方にお知らせしています。

・本日(4月13日)午前1時に、当社社員がプラントデータを確認していたところ
福島第一1~3号機の窒素ガス封入量が低下していることを確認しました。

・このため、午前1時30分頃、現場を確認したところ、午前1時4分に「圧縮機故
障」警報により、窒素供給装置(窒素ガス分離装置B)が停止していることを確
認しました。

・その後、午前3時10分、窒素供給装置(高台窒素ガス分離装置)を起動し、午前
3時46分に各号機への窒素封入を再開しました。

・なお、現時点で原子炉格納容器関連パラメータ、水素濃度ならびにモニタリング
ポストデータに有意な変動は見られておりません。

・原因については、今後、調査してまいります。

・本件について、福島においては、本日午前9時30分から、本店においては、本日
午前11時(目途)からの会見で説明させていただきます。

以 上

 

<Translate>

At 1:00 of 4/13/2012, Tepco staff found the amount of nitrogen to inject was decreased at reactor 1 ~3.
At 1:30 of 4/13/2012, Tepco staff confirmed nitrogen injection equipment was automatically stopped because it was alarmed that the air compressor went out of order at 1:04.
At 3:10, nitrogen injection was restarted by using another nitrogen injection equipment. At 3:46, reactor 1 ~ 3 got the injection recovered.

<End>

Source

 

 

Categories: Uncategorized