Decrease of population accelerates in Chiba

 

Following up this article..Population of Chiba decreased for the first time since 1920

Population of Chiba decreased by 10,691 from 1/1 to 4/1/2012, which is almost the same entire decreasing amount of 2011. On 4/1/2012, Chiba’s population is 6,195,643.

The population is decreasing faster and faster since January, Chiba prefectural government announced on 4/26/2012.

The biggest decrease was 1,175 in Chiba city, the second biggest decrease was 946 in Matsudo city, the third biggest decrease was 847 in Kashiwa city.

Matsudo city and Kashiwa city are known to be hot spot, Chiba city is suffering from soil liquefaction.

 

 

千葉県の人口減少、1月以降加速 原発事故や液状化が影響か

昨年の人口が戦後初めて減少に転じた千葉県で今年1月以降、減少傾向がさらに強まっていることが26日、県の調査で分かった。

県は、東京電力福島第1原発事故で放射線量が高い地域が増えたことや、大震災による液状化被害の影響もあるとみている。

4月1日現在の人口は619万5643人。1月1日以降の3カ月で1万691人減り、昨年1年間の減少幅とほぼ同じだった。

3カ月の減少数が多かったのは、千葉市1175人、松戸市946人、柏市847人の順。

松戸市、柏市など県北西部で放射線量が高い地域が目立つほか、液状化で千葉市や浦安市の住宅などに被害が出た。

Source

 

 

Categories: Uncategorized