Nitrogen injection stopped and Tepco started backup unit

 

Nitrogen injection was stopped for reactor 1, 2, 3, 10:55 4/4/2012, a plant worker reported.
At 0:16 4/4/2012, backup unit was started, at 0:30, nitrogen injection was restarted.
The reason why it stopped is now known.

Tepco still needs to inject nitrogen to each reactor to control hydrogen concentration.
If nitrogen injection stops for 30 hours, hydrogen concentration goes up to 4%, which may cause hydrogen explosion.

In case of reactor1, 23m2/h is injected to container vessel, 15.3m2/h is injected to pressure vessel, at the moment of 5:00 4/4/2012.

Control units are separated for each reactor, it can be assumed that the shared nitrogen generator had a trouble for some reason.

Nitrogen injection stopped and Tepco started backup unit

 

Source 2

1~3号機の窒素封入一時停止=予備機起動で再開―福島第1原発
時事通信 4月4日(水)12時21分配信
東京電力福島第1原発事故で、東電は4日午前、1~3号機の格納容器と圧力容器に窒素を封入する装置が停止したと発表した。約1時間20分後に予備装置が起動し、封入を再開した。
窒素は水素爆発の原因となる容器内の水素濃度上昇を抑えるために封入されているが、危険とされる濃度4%に達するまで30時間かかるといい、同社は水素濃度の上昇はなかったとしている。
東電と経済産業省原子力安全・保安院によると、同日午前10時55分ごろ、1~3号機格納容器などへの窒素封入量がゼロを示しているのを作業員が発見。確認したところ、ポンプがいずれも止まっていた。約1時間20分後の午後0時16分に予備装置を起動し、同0時半に容器内への封入が再開した。

 

 

 

About Author