A Wrestler in Fukushima got acute myelocytic leukemia

Following up these articles:

Acute lymphatic leukemia news caster Otsuka may die in 5 years for 70%

Another man died of acute lymphocytic leukemia

You can kill yourself anytime

Nagashima Kazuyuki, who won silver medal at Asian wrestling league in Koshu last year has been diagnosed with acute myelocytic leukemia.

He’s 30 years old and from Gunma.

He belongs to a company in Iwaki Fukushima,(Source) where he used to train.

He felt ill in early September and was diagnosed with acute myelocytic leukemia during a medical test on 9/10/2011.

His older twin says, they don’t know why he got acute myelocytic leukemia.

Because the medical treatment costs too much, they ask for charity donation.

(Source)

日本レスリング協会は1日、男子フリー74キロ級で昨年のアジア大会銀メダリスト・長島和幸2 件(30=クリナップ)が急性骨髄白血病を患い、都内で闘病中であることを発表した。今月21~23日の全日本選手権は欠場する。同選手は9月上旬に体調不良を訴え、同10日に病院で検査を受けたところ白血病と診断された。双子の兄正彦さんによると「原因は不明」という。治療が順調に進めば正彦さんがドナーとなり、来年初めにも骨髄移植する。長島は同協会の公式サイトを通じて「必ず復帰しますので、温かく見守ってください」とコメントしている。

なお同協会によると、高額の医療費がかかるため、支援カンパを募っている。振込先は、東邦銀行 四倉支店 普通口座309219 長島和幸2 件選手支援金事務局 代表・今村浩之

[2011年12月1日18時25分]

Categories: Uncategorized

About Author