In case coolant system stopped in any SFP, Tepco can’t measure temperture

Related to this article..[Emergency] Coolant system of reactor 4 stopped

In the daily press conference of 4/27/2012, Tepco stated they lose the manner to measure the temperature of each SFP from reactor 1 to 3 when circulative cooling system is troubled. 

Only SFP 4 can be reached by human worker so a temporary heating gauge is attached.

According to Tepco, they measure temperature where water comes from skimmer surge tank to primary cooling water pump at each reactor, not inside of the pool. They thus can not measure temperature when circulative cooling system stops. There is no plan to solve this problem.

 

東電は4/27のブリーフィングで、使用済核燃料プールの冷却が止まった際にはプールの温度を計ることが出来ない設計になっていることを報告しました。4号機のプールのみ作業員が近づくことが出来るため、プール内部に温度計を設置しているということですが、1号機から3号機にかけてはプール内部に温度計が設置されていないことになります。

東電の説明によりますと、プール内の温度は水がスキマーサージタンクから一次冷却系ポンプに入り込むところで計っており、冷却のための水の循環が止まると水が停滞するためプール内の水温を計ることが不可能になります。現在、この問題を解決するための施策は講じられていません。

 

↓ 36:00~