2040 Bq/kg from officially uncontaminated disaster debris

 

In the end of July, 2040 Bq/Kg of cesium was measured from disposal ash of power generating facility “Yamagata green power”. They accepted 1400 tones of wood debris from Kesennuma city Miyagi through waste disposal company in Yamagata, “Yamagata green cycle” which is for woody biomass fuel.
They didn’t detect cesium from the wood debris.

 

去年7月末、やまがたグリーンパワーの発電施設での燃えかすから2040Bq/Kgのセシウムが検出されていたことがわかりました。これはやまがたグリーンサイクルを通して受け入れた気仙沼市の木くず約1400トンで、木質バイオマス燃料として活用されたものですが、搬入時には放射性物質は不検出だったということです。

Source

 

 

Categories: Uncategorized