Worsened situation of Japanese sea food

 

Ministry for Food, Agriculture, Forestry and Fisheries of Korea announced contaminated Japanese sea food is increasing.

From last April to the end of 2011, they measured cesium from 21 imported sea food (148.8 tones) from Japan, but it’s already 32 imported sea food (881.3 tones) from the beginning of 2012 to 3/2/2012. Most of them are mackerel and Alaska pollack.

The highest reading was 97.9 Bq/Kg from pollack but because they were all under the korean safety limit, all of them have been distributed in Korean market.

Source

放射性物質の検出例増加 韓国で日本産水産物
2012.3.8 14:17 [韓国]
韓国農林水産食品省は8日、今年に入り、日本から輸入された水産物について、東京電力福島第1原発事故の影響とみられる微量の放射性物質が検出される事例が増加したと明らかにした。

同省によると、昨年4月から同年末までに日本から輸入された水産物のうち、放射性セシウムなどが検出されたのは21件(148・8トン)だったが、今年は3月2日現在で32件(881・3トン)。魚種別ではサバやスケトウダラがほとんどを占めた。

検出値は、ほとんどのケースで1キロ当たり数ベクレル程度だが、中にはタラから97・9ベクレル検出された例もあった。いずれも韓国の安全基準値以下で、流通が禁止された例はない。(共同)

Categories: Sea contamination