Ibaraki local gov rebelled against JP gov about fishery product safety limit

 

Ibaraki local government and Ibaraki fisherman’s union will ban shipping fishery products which they measured more than 50 Bq/kg after April.
Currently, Japanese government set the safety limit of fishery products to be 500Bq/kg. After April, it will be decreased to be 100 Bq/Kg. However, Ibaraki local government will apply more strict safety limit to appeal the safety of their products.
They have already measured more than 50 Bq/Kg from their products. This will be a challenge for them.

However, it is not announced what kind of nuclides they are going to check.

Source

50ベクレル超の魚介、出荷自粛へ 放射性物質検査 茨城
2012.3.15 02:05
■県と漁協が独自基準

県と県内漁業組合団体が県内で取った魚介類について、4月以降、放射性物質検査で1キロ当たり50ベクレルを超えた場合、出荷を自粛する方向で最終調整していることが14日分かった。15日にも発表する。国より厳しい基準を設けることで、「茨城の魚介類は安心・安全」とアピールする狙いがある。

4月以降、魚介類を含む一般食品の放射性セシウムの暫定基準値が、これまでの1キロ当たり500ベクレルから同100ベクレルとなる。県内の主要漁協による「茨城沿海地区漁業協同組合連合会」は14日、水戸市内で会合を開き、「魚介類の安心・安全を打ち出すことが大事」(関係者)と同50ベクレルを超えた魚介類は出荷自粛の方向で話をまとめたという。

原発事故後、県による放射性物質の検査結果で、50ベクレルを上回る魚種は複数存在し、漁業関係者らには厳しい“ハードル”を課す形になる。会合に出席した漁業関係者からは「今はシラスなどの小魚が厳しいが、次はヒラメなど底魚が厳しくなるかもしれない」といった声もあがっている。

Categories: Uncategorized