Annual dose 482 ~ 138 mSv in Okumamachi

According to THE Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, the estimation of annual dose in Okuma machi Fukushima is 482 ~ 138 mSv.

It is an estimation from 3/12/2011 ~ 3/11/2012, calculated on 11/11/2011.

It is assumed to be only external exposure.

Other locations..

225 mSv/y in Hirusoneshakuishi Namie machi Fukushima

211 mSv/y in Ide Namie machi Fukushima

210 mSv/y in Akaukikunugidaira $ Kawafusa Namie machi Fukushima

197 mSv/y in Shimonoue Okumamachi Fukushima

120 mSv/y in Kumakawa Okumamachi Fukushima

165 mSv/y in Nagatsuka Futabamachi Fukushima

118 mSv/y in Ishikuma Futabamachi Fukushima

140 mSv/y in Komaru Namiemachi Fukushima

121 mSv/y in Murohara Namiemachi Fukushima

103 mSv/y in Katsuo mura Fukushima

109 mSv/y in Oragahama Tomiokamachi

(Source)

文部科学省の実測値に基づく2012(平成24)年3月11日時点の積算線量の推計値(11月11日現在)によると、大熊町夫沢で年間482~138ミリシーベルト、浪江町昼曽根尺石で225ミリシーベルト、同町井手211ミリシーベルト、同町赤宇木椚平、川房がいずれも210ミリシーベルトとなっている。
また、福島第1原発立地町の大熊町下野上197ミリシーベルト、同町熊川120ミリシーベルト、双葉町長塚165ミリシーベルト、同町石熊は118ミリシーベルトで、100ミリシーベルトを超える見通し。浪江町小丸(140ミリシーベルト)、同町室原(121ミリシーベルト)や、葛尾村葛尾野行(103ミリシーベルト)、富岡町小良ケ浜(109ミリシーベルト)など周辺でも100ミリシーベルト超の地点がある見込み。
(2011年12月15日 福島民友ニュース)

Categories: Uncategorized

About Author