Food in Fukushima contains 8 times much cesium than in Tokyo

The Ministry of Health, Labour and Welfare had the National Institute of Health Sciences measure the amount of Iodine, Cesium from Fukushima and potassium from nature contained in food.

According to the study, people ingest these quantities of cesium per day:

0.45 Bq/day in Tokyo
3.39 Bq/day in Fukushima
3.11 Bq/day in Miyagi

On the other hand, people ingest these quantities of potassium per day:

78.92 Bq/day in Tokyo
83.77 Bq/day in Fukushima
92.04 Bq/day in Miyagi

As a result, it turned out that Fukushima food is 8 times more risky than Tokyo with respect to cesium.
The samples were taken from food distributed in the market of each location: Tokyo, Fukushima, Miyagi.
They conducted the testing in September and November.

The Ministry of Health, Labour and Welfare does not admit any risk and say that even if you have Fukushima food for one year, the total dose would be only 0.0193 mSv/y.

(Source)

食事からセシウム、福島は東京の8倍 厚労省調査

平均的な1日の食生活から摂取される放射性セシウムの量が、福島県では東京都の約8倍とする調査結果を厚生労働省の研究班がまとめた。ただ福島県で1年間食べ続けた場合の人体への被曝(ひばく)線量は0.0193ミリシーベルトと推計され、食品の新基準をつくる際に設定している年間の許容線量1ミリシーベルトを大幅に下回っている。

調査は国立医薬品食品衛生研究所が行った。2007年度の国民健康・栄養調査の食品ごとの平均摂取量をふまえて今年9月と11月に福島県、宮城県、東京都で流通している食品を購入して調理。原発事故の影響とみられる放射性ヨウ素と放射性セシウム、そして自然から取り込まれる放射性カリウムの1日の摂取量を調べた。1年間食べ続けた場合の被曝線量も出した。

その結果、1日の食生活から摂取される放射性セシウムは東京都では0.45ベクレル、福島県で3.39ベクレル、宮城県は3.11ベクレルだった。

1年間の被曝線量は東京都で0.0026ミリシーベルト、福島県0.0193ミリシーベルト、宮城県は0.0178ミリシーベルトとなった。

自然から取り込まれる放射性カリウムは東京都78.92ベクレル、福島県83.77ベクレル、宮城県92.04ベクレル。放射性ヨウ素は3都県とも約0.1ベクレルでほぼ同じだった。(沢伸也)

Categories: Uncategorized

About Author