650,000 Bq/Kg from Chiba

Following up this article 0.5 million Bq/kg from Chiba

The Ministry of the Environment published the report to tell they measured 650,000 Bq/kg of Cesium from the soil of Kashiwa Chiba.

They announced it was 450,000 Bq/Kg at first. It is not explained why they made a miscalculation of 200,000 Bq/Kg.

If it was in water purifying plant, sludge which is more contaminated than 100,000 Bq/Kg requires special severe management.

The report says, rain water from 2600 square meters around the street gutter flowed into there to cause the high level of contamination.

Because the ratio of Cs-134 and Cs-137 are the same as Fukushima they tell it’s from Fukushima Plant.

Chiba, especially Kashiwa is really a hotspot. I recommend you not to get close to there for any reasons.

(Source)

柏の高線量、堆積の土から最高65万ベクレル

千葉県柏市の市有地で10月、高い放射線量が測定された問題で、環境省は28日、現地調査の最終報告書をまとめ、雨水桝に堆積していた土から、最高で1キロ・グラムあたり65万ベクレルの放射性セシウムが検出されていたことを明らかにした。

11月下旬に公表された結果では、破損していた側溝近くの土中から検出された放射性セシウムは最高で同45万ベクレルだった。浄水場の汚泥の場合、同10万ベクレル超は厳重管理が必要なレベル。

報告書によると、側溝には、周辺の工場や民家の屋根、アスファルト舗装の地面など約2600平方メートルの範囲から雨水が集まっていた。放射性セシウム134と137の比率は福島第一原発事故の汚染地域と同程度で、原発事故による放射性物質を含んだ雨水が大量に流れ込み、側溝の破損部分から土中に入って蓄積したのが原因としている。

(2011年12月28日22時23分 読売新聞)

Categories: Uncategorized

About Author