4,040 Bq/kg from beach

大きな地図で見る

The Environmental Scientific Society of Iwaki District (Chairman: Hashimoto Koichi, an honorary professor of Fukushima National College of Technology) measured 4,040 Bq/kg from the sand of the beach in Nagasaki Kaigan, Iwaki Fukushima.

They took measurements from April to November. They took 30 samples from 14 locations along 60km of coastal line. They determined that the contamination is higher to the north and lower to the south.

They also found out that the radiation level is higher inside the sand than on the surface. They are going to publish their research results on 1/21/2012.

(Source)

東日本大震災:砂浜のセシウム、4040ベクレル検出--いわき /福島

いわき市の市民団体「いわき地域環境科学会」(会長、橋本孝一・福島高専名誉教授)は1日、いわき市の永崎海岸の砂浜で採取した砂から、最大で1キロ当たり4040ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。

調査は4~11月、約60キロある海岸線の14地点約30カ所から砂を採取、食品の測定と同じ検出器で計測した。計測の結果、市北部の海岸で高く、南部が低い傾向が出た。

同会によると、表面よりも内部で放射線量が高いケースがあり、陸上と砂浜では別の仕組みがある可能性が高いとしている。詳細な調査結果は、来年1月21日の発表会で報告する。【和泉清充】

Categories: Uncategorized

About Author