Cabbages grew 4 times bigger than usual in Oita

Cabbages grew 4 times bigger than usual in Oita

 

Related to this article..Vegetables have gone gigantic

In Hijimachi Oita Kyushu, 80 cabbages grew 4 times bigger than usual. It’s 36cm wide, 18cm high, and 1.1m long around, weighs 4kg at average.

The agricultural department of Oita prefecture comments they didn’t change the way of farming, the reason why it grew this big is not known. The harvest period is about a half month behind usual but it is rare to grow to be this size.

The farmer, Mr. Tsutsumi also comments, he has been planting cabbages for 10 years but he hasn’t seen such cabbages.

 

日出町仲の丁の農業堤公さん(67)が重さ約4キロのキャベツ約80玉を収穫した。キャベツ栽培を始めて10年になるが「こんなに大きくなったのは初めて。栽培方法も変えていないのに不思議だ」と驚いている。
堤さんは友人の自営業上田幸徳さん(57)=町内藤原=から畑を借りてキャベツを栽培。今年は5月下旬から収穫を始めたが、13日までに平均で通常の約4倍となる幅約36センチ、高さ約18センチ、周囲は約1.1メートルの大きなキャベツが次々と育っている。「売りに出すには大きすぎるので知人を介して配っている」と堤さん。「もらった人もうれしい半面、切るのに一苦労だ」と上田さん。
県農林水産部園芸振興室野菜班は「北海道の方で漬物用のジャンボキャベツがあるとは聞いたことがあるが、栽培方法も変えていないとのことで、なぜ大きくなったのかは謎。収穫期が例年より半月ほど遅いが、これほど大きくなるのは珍しい」と話している。

 

Source