Woman who entered caution zone had sudden death

 

Around 11:00 on 3/20/2012, ambulance was called for. The woman (50s) who entered caution zone in Namie machi to take out heavy equipment fell down. She was sent to a hospital in Minami soma but died on 13:00.
She entered the caution zone, but went to the toilet to claim she felt sick suddenly and lost her consciousness there.

Source

警戒区域入った女性死亡 福島県浪江町

20日午前11時ごろ、東京電力福島第1原発事故の警戒区域に指定されている福島県浪江町で、重機を区域外に持ち出すために許可を受けて入域していた50代の女性が倒れたと119番があった。女性は救急車で同県南相馬市の病院に搬送されたが、午後1時に死亡が確認された。

政府の原子力災害現地対策本部によると、原発作業員を除けば、警戒区域に立ち入った人が死亡するのは初めて。

同本部によると、女性は同僚数人と事業者向けの立ち入り許可を受けて入域。急に「気分が悪い」と訴えてトイレに入り意識を失ったという。

2012/03/20 20:33 【共同通信】

Categories: Uncategorized