Only 5 people attended at an explanatory meeting to recruit nursery staff in Fukushima

Only 5 people attended at an explanatory meeting to recruit nursery staff in Fukushima

In Minato ku Tokyo, Fukushima prefecture held an explanatory meeting to recruit nursery staff.
27 Fukushima hospitals joined it, but only 5 people attended where they estimated 300 people to attend.
They notified universities and career collages in advance.

Soso area, including the evacuating zone such as Minamisoma had nursery staff decreased by 20%, they have a trouble to accept patients.
They were planning to offer a 3 days of free tour to visit hospitals in Fukushima prefecture.

Source

震災以降、看護職員不足が深刻化している福島県が首都圏の看護学生に就職を呼びかける説明会を東京で開きましたが、来場者が想定を大幅に下回り、看護職員を確保する難しさが改めて浮き彫りとなりました。
福島県は今月28日から3日間、県内の病院を回る無料の見学ツアーも開催し、就職を呼びかけていくことにしています。
この説明会は、首都圏の看護学生に福島県の病院への就職を促そうと、福島県が東京・港区で開いたものです。
福島県では、看護師や保健師などの看護職員が原発事故で県外に避難するなどして人手が不足し、特に南相馬市など原発の避難区域を含む相双地域では、看護職員が震災前より20%余り少なくなり、入院患者の受け入れを制限するなど深刻な問題になっています。
17日は看護職員不足に悩む27の病院がブースを設け、訪れた学生らに勤務時間や給与などを説明し就職を呼びかけました。
しかし、事前に大学や専門学校を通じて参加を呼びかけたにもかかわらず、来場者は想定していた300人を大幅に下回る5人にとどまり、看護職員を確保する難しさが改めて浮き彫りとなりました。主催した福島県感染・看護室の後藤隆室長は、「想像以上に厳しい状況だと実感した。しかし、福島で看護職員不足が深刻化していることが伝われば、就職を決意してくれる学生はきっといると思う」と話していました。

 








3/30から5/5まで、おれ氏はキプロスを調査しておりもす。


オラソダ調査の時に何度も弁護士の口から出てきた国、キプロスで起業→オラソダで支店開設をすれば同じ要領で世界中の国でビザが(σ・∀・)σゲッツ!!出来るのか。理論上では可能ですが、実際に出来るのかは誰か暇な奴が確かめてみないといけません。ということで、世界で幼稚園児の次に暇な男、おれ氏がやってきます。

調査費は自腹で、見積もりを出す以前にキプロスに飛び込んでしまいましたが、未開の地を開拓するサソタ・オレオ号にみなさんのオレオを投資して頂けると嬉しいです。費用は全部で切りのいいところで222.5オレオになる見込みですたい。1オレオ(10$、オレオ数はQuantityで変更可能)〜から、顔本、たそぶらーの専用ページへアクセス出来もふ!

現在の総オレオ/目標オレオ:76/222.5

You can edit Quantity
FacebookのURLかよく使うメアドをお願いします


毎月オレオ(オレアーの扉)
FacebookのリンクかTumblrのURL送付先メアド



Fukushima Diary can accept donation directly at bank.
Le Fukushima Diary peut recevoir des dons directement à sa banque.
Fukushima Diaryは銀行口座でも直接寄付を受けられます。
情報は以下のとおりです。

BANK : PIRAEUS BANK ROMANIA

USD
IBAN : RO37PIRB4203739401003000

EURO
IBAN : RO71PIRB4203739401002000

SWIFT : PIRBROBU
Beneficiary : FUKUSHIMA DIARY SRL (NOT Iori Mochizuki)
Bénéficiaire : FUKUSHIMA DIARY SRL (PAS Iori Mochizuki)
 

Thank you for your donation. Fukushima Diary genuinely runs on your support.
Merci pour vos dons. Le Fukushima Diary tourne fondamentalement par votre aide.
支援ありがとうございます。Fukushima Diaryは100%寄付で運営されています。
Donation

Recurring Donations. Monthly donation is very helpful.
Dons réguliers. Les dons mensuels aident beaucoup.
毎月引き落とし。とても助かるし応援されてる感じがします。
Monthly donation



Fukushima Diary can accept donation directly at PoBox too. You don't need to write the receiver's name (Only the address below is needed) but you can write it as Mochizuki Iori or Fukushima Diary SRL as well.

Le Fukushima Diary accèpte aussi les dons directement à sa boîte postale. Il est inutile de mettre un destinataire (l'adresse ci-dessous donnée seule suffit) mais vous pouvez l'adresser aussi bien à Iori Mochizuki ou à la Fukushima Diary SRL.

Fukushima Diaryは私書箱でも直接寄付などの郵便を受けられるようになりました。下記の住所が記載されていれば受取人の名前を書く必要はありませんが、Mochizuki Iori または Fukushima Diary SRLというように書いても問題ありません。

情報は以下のとおりです。

OFICIUL POSTAL BUCURESTI 22 ROMANIA CASUTA POSTALA 110
 

Both comments and pings are currently closed.

One Response to “Only 5 people attended at an explanatory meeting to recruit nursery staff in Fukushima”

  1. KenZo says:

    wow…i wonder what those 5 people were thinking!

    and why nobody else joined if it is so “safe” in fuku-ken!

Powered by WordPress | Designed by: penny auctions | Thanks to credit repair, seo services and st louis seo